ペット霊園に入れることの7つのメリット・デメリット

ペット霊園に入れることの7つのメリット・デメリット

毎日の生活に潤いや責任感を与えてくれるペットは、単身者や子供のいない世帯、子供が独り立ちした家族など、幅広くたくさんの人々が大切に飼育しています。しかし生き物である以上、いつか命が終わってしまうものです。

昔はペットが亡くなったら庭先に埋めて……というイメージでしたが、現代の住宅事情では自由にできる庭先がある家は多くありません。そういった場合に利用できるのがペット霊園です。

このペット霊園サービスはまだ利用したことがない方もいらっしゃるでしょう。ペット霊園に入れるというのはどんな良いこと、悪いことがあるのかを見てみましょう。



 


ペット霊園に入れることの
7つのメリット・デメリット

 


メリット:気持ちの区切りをつけやすい


ペットが亡くなると、喪失感から大抵の人が悲しみに暮れます。辛い気持ちを長引かせてこじらせると、心や体に不調が及んでペットロス症候群になってしまうこともあります。

それらは気持ちの整理をつけられずに時間を過ごしてしまうことも原因の一つになります。ペットにも人と同じように葬儀を執り行い、ペット霊園に埋葬することで、亡くなったことを受け入れる時間を作ることができます。

周りの環境が気持ちを落ち着かせてくれる、ということがあります。これは大きなメリットです。

 


デメリット:出向かなければお参りができない


家の近くにペット霊園があれば良いのですが、距離があるところに埋葬すると、寂しくなった時など気が向いたらすぐにお参りしたいと思っても、訪れるのが難しくなることがあります。

手の届く範囲に埋葬するとすぐ近くにいられるという安心感もあります。亡くなってすぐなど、まだそばにいてほしいと思う段階でペット霊園にいれてしまうと、逆に辛くなることもあります。

火葬はすぐにしたほうが良いですが、埋葬に関してはご自身の気持ちに合わせてタイミングを計るとよいでしょう。

 


メリット:埋葬場所に困らない


魚や小動物など小さいペットだと、庭先やベランダのプランターなどへの埋葬も可能ですが、犬や猫などある程度大きい動物になると埋めるだけでも大変です。

火葬して骨だけを埋めるとしてもそこそこの面積が必要になります。土葬となるとなおさらで、穴を掘るのも大変ですし、埋葬後に臭いが出ることもあります。

ペット霊園のお墓にきちんと埋葬すれば、ほかの動物に荒らされることもないですし、その後の土地改革で埋葬場所が無くなってしまうこともありません。

 


デメリット:合同埋葬の場合がある


自分のペットだけを大切に埋葬してその後もお参りをしていきたい、と思っても、葬儀・埋葬プランによっては個別ではなく合同埋葬になってしまうことがあります。

もちろんサービスを自分で選ぶことはできますが、値段も関わってくることですので、ご自身の状況によっては思い通りの埋葬をしてあげられない場合もあります。

合同埋葬・合同慰霊碑であっても弔いの心があれば問題ないのですが、ペットが亡くなってすぐは気持ちが乱れてサービス内容をきちんと把握できない可能性があります。事前に調べておくことが懸命です。

 


メリット:慰霊祭など定期的に供養ができる


ペット霊園を利用すると、月例法要や年に何度か大法要などの供養を行ってもらえます。

ペットが亡くなったときだけでなく、家族として共に過ごしていたペットを、忘れずにずっと弔うことができます。

過度な寂しさは忘れたほうが良いこともありますが、素敵な思い出は覚えておきたいものです。ペットを偲んで愛情を思い出す時間を定期的に作ってくれるサービスはメリットと言えるでしょう。

 


デメリット:費用がかかる


人のお墓と同じようなサービスが受けられる分、ペット霊園も当然費用がかかります。

自宅の庭先に埋葬すればお金はかかりませんが、ペット霊園を利用すると、場所代・墓石代・納骨料・埋葬料と、様々な費用が必要になります。

丁寧に葬ってあげたいけれど、生活上お財布事情も無視できません。無理のない供養を考えてあげましょう。

 


メリット:共に入れるお墓がある


ペットのお墓を作るのはいいけれど、自分が死んだとき別々の埋葬になるのでは悲しいし意味がない……。という方向けに、ペットと一緒に入ることができる霊園があります。

人用の墓地とペット用の墓地が併設されている霊園で提供されているサービスで、まだ多くはありませんがこれからも増えてくると考えられます。

先祖代々ではなく、家族用の墓をお考えの方は、こういった霊園の利用をお勧めします。埋葬場所まで一緒にいられれば、ペットも「家族同様」ではなく本当に家族と言えるでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。このように人がお墓に入るのと同じく、ペット用のお墓を立てることができます。

「たかがペット」の方もいれば、「されどペット」の方もいます。ペットを心から愛していたけれど、霊園は必要ない、という方ももちろんいらっしゃいます。ペット霊園を利用するかしないかで、生前のペットへの愛情が量れるものでもありません。

生活スタイルや考え方によっては、ペット霊園の利用は必要ない場合もあります。葬儀として火葬までは利用し、お骨は自然に還るように散骨する方もいらっしゃいます。家族の一員として、あるいは自分の伴侶として可愛がっていたペットですから、こういった手厚い弔いを考えるのも良いでしょう。

 


まとめ


ペット霊園に入れることの7つのメリット・デメリット

・メリット:気持ちの区切りをつけやすい
・デメリット:出向かなければお参りができない
・メリット:埋葬場所に困らない
・デメリット:合同埋葬の場合がある
・メリット:慰霊祭など定期的に供養ができる
・デメリット:費用がかかる
・メリット:共に入れるお墓がある