猫顔メイクはこうする。誰でも簡単にできる化粧の仕方

猫顔メイクはこうする。誰でも簡単にできる化粧の仕方

女性の顔ってメイク次第で劇的に変えられますよね。元の顔が全く想像出来ないケースも少なくありません。その中でも最近大人気の猫顔メイク。意外にこの猫顔って男女問わず…また、年齢も幅広く憧れられる顔なんですよね。人気の女優さんやモデルさんなどにも『猫顔』と表現される方は結構多いものです。

猫顔と言って真っ先に思い浮かぶのは印象的な『目』ですね。実際の猫ちゃん達だって一言に「猫目ってこんなもの」と言い切れる程パターン化している訳ではないのですけれど…。クールなつり目タイプあり可愛いアーモンドタイプありキョトンとしたまん丸おめめタイプありと様々…。

そんな中でもやはり共通しているのはあの眼力でしょうか?見つめられたら引き込まれそうなそんな猫目に魅かれてしまう方は多い筈。ただただ可愛いだけでなく少しミステリアスだったり簡単には近づいてはいけない感じだったりと…。小悪魔的な印象も強いかも知れませんね。

誰でも気分的に何か自分の顔の印象を変えてみたい…なんて一度は思ったりするでしょう?そんな時に試してみたいと思いませんか?猫顔メイク。簡単にできる猫顔メイクの方法お伝えします。



 


猫顔メイクはこうする。
誰でも簡単にできる化粧の仕方

 


女優さんに習う


誰もが認める『華やか』な印象の猫顔。そんな猫顔メイクを習得すればきっと女性からは憧れられ男性からは魅力的な女性と称賛されるはず。女優さんのなかでも猫顔の方って多いですよね。例えば柴咲コウさんや黒木メイサさんなどはその代表です。

基本的には眉毛はキリッと高め。印象的な目は目頭からはっきり・くっきりのアイライン。目尻しっかりはね上げでネコ目度アップ。シャープなチーク。全体的にシャープな印象にまとめたメイクですね。あの瞳で見つめられたらもう動くことさえ出来なくなってしまいそうです。

柴咲コウさんの例で具体的な猫顔メイクの特徴をご説明します。ポイントとなる眉メイクは眉山がキリッと強調された高めの眉です。ペンシルを使って眉毛の輪郭を描くとよりあのメイクに近付くことが出来ます。くっきり眉を意識し角度をつけるのがポイントです。

最も重要な猫顔メイクの要、アイナインはいわゆる目頭切開ラインと呼ばれるものでリキッドタイプのアイライナーで目頭ギリギリから描き始めるのがポイント。そこで注意するのは目尻のラインを気持ち跳ね上げ気味で引く点と下ラインはアイシャドウであまり強調し過ぎないという点です。

上ラインはリキッドを使いしっかり描きとても強い印象的に仕上げます。反対に下のラインは引かずほとんど目立たせないというのがお約束です。ブラウンのアイシャドウをアイライン代わりにして目尻側に目の形に沿ってごく細く入れるのがコツです。マスカラは上下しっかり塗ります。

チークはピンク系ではなくオレンジ系が基本。ほんわり可愛らしく入れるのではなくとにかくシャープさを意識してチークを頬骨から斜め下に入れシャープなお顔に仕上げます。 丸顔をカバーしたい方にもお勧めのチークです。何はともあれアイラインが決め手。目頭くっきり・目尻跳ね上げが柴咲コウさん風猫顔メイクのポイントです。

 


猫顔メイクの決め手の猫目ライン


ローラさん・佐々木希さん・板野友美さんなど小悪魔的な可愛い系の猫顔の女性も男女共に人気がありますよね。そんな方々の特徴もやはり目力を生かした猫目風アイメイク。つり目を生かして猫目アイラインを引けば更に目力がアップします。猫目風に仕上げるなら目じりのアイラインは跳ね上げと長めがポイントです。

目を強調したいのならやはり使用するアイライナーは断然リキッドタイプがお勧めです。引き方の一番のポイントは目じりから2mmほどはみ出すと目の幅が強調できます。猫顔に変身するならこのわずかなラインが効果抜群なのです。あまり激しくラインを引くとまるで歌舞伎メイクになってしまいますのであくまでもちょい足し程度でバランスを考えて描くのが大切です。

ちょっとしたことですが描き慣れていない方にはなかなか勇気がいることかもしれません。この猫目ライン、引く時にはテーブルなどで肘を固定し手の力を抜いた状態で決して躊躇せずすっと描いてみて下さい。きっと上手に引けるはずです。もし失敗してもティッシュで押させるようにすれば大丈夫。決してこすり落とそうとはしないで下さいね。

目の下ラインは目じりから黒目までの白目の部分を濃いめのブラウンシャドウでぼかすのがポイント。これで上ラインが強調されます。アイラインを入れる場合でも黒目の下だけ。そして更に目力をアップさせたいなら目じりから黒目までのアイラインを引のがテクニックです。

しっかり猫目を作る為のポイント、キュッと目尻を跳ね上げた上アイラインと下アイラインをつなげ最後に下アイラインは丁寧にぼかして自然な仕上がりにします。目尻をあげる事で引き締め効果もありキリッとした印象を与えてくれます。元々の垂れ目が気になる方にはとても効果的でこうすることで優しい印象から凛とした印象に一気に変身できますよ。

 


目が細いつり目さんには丸目アイライン


よくキツネ目なんて表現される元々目尻が上がったお顔立ちってありますね。キツネと猫…ちょっと近い存在?でもつり目ならばそれだけで猫顔に見えやすい訳ではありません。つり目のうえに目が細いと冷酷そうなきつい印象があるのでは…とお悩みの方少なくないですよね。そんな時には丸目アイラインがお勧めです。

テクニックはほんのちょっとしたこと。上アイラインを引く時に黒目の上の部分が特に太くなるようにラインを引くだけです。つまり黒目を強調する効果を狙う訳です。この場合には使用するアイライナーは芯の柔らかいペンシルタイプがお勧め。

黒目の上の部分のラインは1mmから2mmほどの太さで、もし二重や奥二重の方なら目を開けたときにもアイラインが見えるよう二重幅よりも太くするのがポイント。黒目の上の部分のアイラインを瞼に馴染ませるようにしっかりぼかします。

その場合のアイシャドウはグレーやブラウンなどアイラインの黒とよく馴染む色を選びます。このアイラインで目の縦幅を広く見せる効果が期待できるのです。いわゆるキツネ目さんでも目の縦幅があればクリっとしたかわいらしい印象の猫目さんの猫顔になれるのです。

またアイライナーも色により違った印象にしてくれます。猫顔メイクの基本色は黒と申し上げましたがイメージしている猫顔に合わせたカラーを選ぶことも大切です。黒のライナーならキリッとした印象。茶のライナーはプラス女性らしい優しさも演出してくれます。フェミニンな猫ちゃんのなれるかも。

アイシャドウは普段より濃いブラウンかグレーを選びアイホールにのばします。目の横幅を出すために目尻よりもやや長めに色をのせます。濃い締め色は目尻を高めにするように目の際に入れます。目頭にはシルバーのアイシャドウをチョンと入れ白目を綺麗に見せます。アイボリーよりもやや濃いめのブラウンのアイシャドウで涙袋に影を入れます。

またそれでも一重が気になる方には『コジット クッキリ!ネコ目ふたえ アイラインシール 40枚入り』を使ってみるのはいかがですか?二重シールとアイラインがひとつになった二重瞼化粧品なのです。これを貼るだけでクッキリネコ目になれるというアイテムです。

メイクテクニックやちょい足しアイテムで北川景子さんや深田恭子さんの様な綺麗と可愛い猫顔女性に近づけることが可能なのです。最近では市販のメイクアイテムもとても安価で良いものが手に入るようになってきました。色々試してみるには良い時代ですよね。

 


髪を後ろで結んで引っ張り効果


猫顔のメイクテクニックは一にも二にもアイメイク…それに尽きる訳ですがおまけとして顔全体のバランスをとってより猫顔に近づく方法です。猫の可愛らしさやミステリアスな魅力に華やかさをプラスするという意味で是非お試しください。

最近目の周りが全体的に垂れてきたとお悩みの方にも効果があるテクニックです。やはり猫顔と言えばシャープさやキリッとした印象が大切です。猫メイクでパーツをシャープにすることは出来ますが輪郭や全体的な印象がまったりほんわりではせっかくの猫顔メイクの魅力も半減です。

よく美容整形で皮膚を後方から引っ張りしわを無くす施術がありますがその要領で手軽にご家庭で出来る方法があります。両サイドの髪を縛り後ろで結びます。いわゆる日本髪を結うイメージで出来る限り引っ張り上げます。顔のたるみがキュッと後ろに引っ張られ目尻も上がり顔全体が引き締まったイメージになります。若返りの効果も期待できます。

ゴムさえあれば出来るこの方法、メスも使わずアイチエンジング出来るなんて嬉しいですよね。結んだところを素敵なアクセサリーで留めたりすれば清潔感のある華やかスタイルに変身出来るのです。顔周りをスッキリさせることで表情まで自然と明るくなりお勧めです。

 


番外編;ハロウィンで猫顔メイク


これはあまり実用的ではないと思われるかもしれませんがハロウィンやパーティーなど何かイベントに場を盛り上げるには最適です。猫ちゃんが迷い込んできたパーティー会場、想像しただけでも楽しい気分になりませんか?是非チャレンジして欲しいですね。

メイク道具は特別に用意しなくてもかまいません。普段使っているコスメを利用します。もし仮装したい猫のカラーをイメージしたアイシャドウなど手持ちの物でなければ新たに用意する程度ですね。更に印象を強めたいとお考えなら『猫』といえば夜に光る目が特徴的、そのイメージとして黄色や金色系のカラーコンタクトなど取り入れると更に『猫顔』率がアップします。

メイクに合わせて猫顔には猫耳、ファッションには猫の尻尾。こんな小物をプラスするのがお勧めです。耳はカチューシャやクリップ型と様々なタイプがファッション雑貨屋さんでも簡単に手に入りますし、最近猫ブーム来てますからしっぽもバラエティショップなどで入手できるはずです。

では肝心な黒猫の猫顔メイクの方法です。黒猫メイクの基本は黒系のメイクアイテムを使うのがポイント。まずは目元ですが黒のアイライナーで猫目の輪郭を普段よりも濃く太めに描き作り上げます。全体的にしっかりとまた目尻はシャープにはね上げます。この時白いアイライナーをお持ちならば下のラインの下部につけてぼかし、更に目の強調効果を狙います。

アイシャドウも黒でアイホールしっかりに塗ります。ブラシを用いてアイシャドウをぼかすのがポイントになります。とにかく猫顔の基本ですからアイメイクは「これやり過ぎじゃない?」という位集中して作り上げてみて下さい。せっかくのパーティーメイクです。中途半端じゃ効果がない。

さてここからが遊び心。鼻先をアイライナーを使って黒くし上唇まで引っ張ります。上唇も黒、或いは暗めのルージュで統一するとよりシックで本物に近づきます。頬にはそばかすのような点々模様、或いはヒゲをイメージした3本のラインを引けば完璧人気の黒猫、猫顔メイクの完成です。

さて次は白猫の猫顔メイクですがこれも基本的には黒猫と同様です。メイクに用いるカラーも黒系で良いのですが白猫を強調したいのであればウィッグや服装・耳・尻尾など小物が白であれば雰囲気出ますよ。メイクとしてはアイラインをブラウン系にしてみたりアイシャドウを白にしてとにかく白が強調される印象にします。

そこまで本格的でなくても…と思われる場合やお子様にするのならお手軽にできる猫顔メイクとして鼻先と上唇を黒く塗りつぶすだけもお勧めです。頬にそばかす模様やヒゲのラインは是非チャレンジしてみて下さい。何色の猫ちゃんになりたいのかを考えてそれに応じた色で茶色・白・ピンクなど使うカラーを決めます。

可愛い猫ちゃん・ツンと澄ました猫ちゃん・笑える猫ちゃんと様々な猫ちゃんに変身したゲストが訪れるパーティーは実に楽しそうですね。猫顔メイクだけでも十分猫にはなれるのですがファッションやつけ爪など小物使いで更になりきれること間違いなしです。

 

いかがですか。以上が魅力的な猫顔になる方法です。誰でも簡単にできる猫顔メイクの方法おわかりになっていただけたでしょうか?実に簡単。いつものメイクにちょい足しするだけで印象的な猫目になることができるのです。特別な準備も要らず高度なテクニックも必要ない…気軽に試しながら調整を重ねて自分に一番合った猫ちゃんになってみて下さい。

猫目を強調させるためには全体的な顔のバランスを知っておくのもとても大切です。ただアイメイクだけが猫目タイプになっていれば良い訳ではなく自分に合っているメイクやパーツごとのバランスもとても重要なのです。例えば眉も猫目メイクに合わせて眉頭から眉尻にかけてちょっとあがり気味にするとよりキリッとした魅力的な猫顔になれるのです。

まずはご自身の顔の特徴を知る。そして全体のバランスを考える。この二つが大切なのです。このバランスが見事に整っているのが美人の条件。猫目メイクにチャレンジしてみるのならトータルで考えてみます。せっかく可愛い猫目メイク、目を引き立せるなら鼻筋にもホワイトパールのハイライトをのせノーズシャドーを入れて鼻高さんを強調する。

素敵な瞳がキラッと輝く魅力的な猫ちゃんに変身して周囲の人をアッと言わせて下さいね。

 


まとめ


猫顔メイクはこうする。誰でも簡単にできる化粧の仕方

・女優さんに習う
・猫顔メイクの決め手の猫目ライン
・目が細いつり目さんには丸目アイライン
・髪を後ろで結んで引っ張り効果
・番外編;ハロウィンで猫顔メイク