ペットの火葬、あなたならどうする?お別れの仕方。

ペットの火葬、あなたならどうする?お別れの仕方。

ペットは人間よりは長生きしません。もし生きたとしても飼い主がいなくなってしまった状況ではキチンと生きていく事は困難です。そのような状況の前に必ずペットとの別れが存在します。

ペットの火葬についてのお話しをいたします。大切なペットだからこそしっかりと別れを見届けたいですよね。最後までしっかりと見届けてあげる事は飼い主の使命です。

悲しみに打ちひしがれる気持ちは良く解りますが最後の別れまでしっかりとしてあげる必要があります。庭があれば庭に埋めてあげる事が一番いい方法です。しかし近年のペット事情によりそれは困難になっています。

そこで必要なのが火葬と言う方法です。その事について考えてみましょう。



 


ペットの火葬、あなたならどうする?
お別れの仕方。

 


お別れの準備をしよう。


ペットも高齢になってくると明らかに歳を取ってきます。歳を取ったペットがいる場合は当然死というものを考えておかなければいけません。ペットは飼い主に見届けられながら死ぬ事が出来る事は幸福に感じますし最後まで生きようと頑張ります。

それでも残念ながら死期は来てしまいます。その時に取り乱さない為にしっかりと心の準備をする事が大事です。ペットを子供の用に可愛がっていて愛しているからこそしっかりと見届けてあげる事がペットにとっても幸福なのです。

お別れの準備をする事は不謹慎ともとられてしまいまうがペットが亡くなった後の心の準備をしておきましょう。急死とかでない老齢のペットがいる場合はその死を覚悟しておく必要があります。


まずは相談してみよう。


ペットが亡くなったらペットの火葬をするか考えなくてはいけません。庭があればそこに埋めて土に帰してあげると言う手もありますが庭が無い家などは火葬する事が望ましいです。火葬と調べておくといろいろな業者が出てきますので2~3件相談の電話をかけてみましょう。

1件だけだと違いが解りませんしもしかしたら悪質業者かも知れません。ペットの保管についても暑い時期は氷を置いておくなどしてしっかりと管理しましょう。大抵は電話をかけるとすぐに対応してくれるところがほとんどです。

その際に他の業者にも相談している事を告げましょう。ちょっとしたトラブル防止になるはずです。まずは相談してみましょう。

 


火葬の種類を知ろう。


ペットの火葬には種類があります。大きく分けると個別火葬か合同火葬かと言う事です。個別火葬はペット一匹一匹火葬していくと言うものです。

これはペットの骨を持ち帰り仏壇に供えたいと言う人にはおすすめの火葬方法です。しかしお金はかかってしまいます。合同火葬は何匹か集めて一緒に火葬するというものです。

この場合は骨を持ち帰る事は出来ません。その火葬場に関係する合同慰霊碑などに納められます。墓地などが決まっている際にはこの方法も望ましいです。

金額は合同火葬の方が安いです。良い業者はしっかりと棺を用意して燃やしてくれます。良い業者を選ぶようにしましょう。

 


色々な方法がある事を知ろう。


ペットの火葬はそれ以外にも訪問火葬と言う方法もあります。これは火葬車がご自宅まで行ってそこで火葬をするというものです。自宅に庭があり自宅に骨を納めたいと言う方はこの方法もあります。

個別火葬になりますのでしっかりとそのペットを焼いてくれるところも確認する事が出来ます。それ以外には火葬場までの移動手段です。さすがに公共交通機関を使用すると言う訳にはいきません。

自家用車か業者が用意してくれる車に乗って火葬場まで行きましょう。悲しみにくれる心は良く解りますがしっかりと運転などを気をつけて下さい。いろいろな方法がある事を知りましょう。

 


自分の状況に合わせた方法を選ぼう。


いろいろな方法がある事が解った上でペットの火葬についてその自身の状況などから最も合っているものを選びましょう。ペットの事を考えれば庭か自宅に骨を持ち帰りたいと思う事は自然です。その場合は個別火葬を選択するようにしましょう。

自然に帰ればいいと言う考えなら合同火葬もいいかも知れません。自宅に車が無いなら車の手配もしなければいけません。そのような事を事前によくペットの火葬業者と話しておいて下さい。

それが上手なお別れの仕方となります。当たり前の事ですがゴミとして捨てるなどの行為は飼い主としてあってはならないものです。自分の状況に合わせた方法を選びましょう。

 


一緒に燃やすものを用意しよう。


ペットの火葬の段取りがついたなら一緒に燃やすものを準備しましょう。燃やせるものは業者などにより異なるようですが好きだった食べ物あるいはおもちゃなどを一緒に入れる方が多いです。または花などと手向けるのも方法としてはあります。

ペットとの思い出が詰まっているリードや首輪なども燃やしてしまうと言う方も多いです。火葬はペットの亡骸をあの世へ正確に送り出す儀式です。是非とも思い出も一緒に成仏させるようにしてあげて下さい。

後に残されてしまったものは悲しみが残るばかりですが新しい一歩を踏み出すためにもしっかりと見届けてあげる事です。一緒に燃やすものを用意してしっかりと供養しましょう。ペットもそれを願っているのです。ペットの火葬はきちんと行ってあげましょう

 


相場を知っておこう。


ペットの火葬についてはトラブルもあります。例えば火葬の前は言っていなかった法外な費用を請求されたり供養する場所代として法外な費用を請求されたりと言う事もあります。ペットの死と言う悲しみのあまりに冷静な判断が出来ない事につけこんでいる卑劣な行為です。

大よその相場について知っておきましょう。小型犬や猫の場合は大よそ1万円です。大型犬になると5万円程度が相場です。

これに永代供養場所代などが加わってきます。1社ではなく2~3社に相談する事でトラブル防止になります。

 

いかがでしょうか。ペットの死と言う悲しい事態に動揺している気持ちは良く解ります。しかしペットは飼い主の元で最後まで生きれた事にきっと満足している事でしょう。

ですからペットの火葬と言う行事もそつなく執り行わなければなりません。しっかりとペットと別れてまた新たな生活を始めると言う力になる為にもキチンと見届けてあげる事です。悪い業者に捕まらないようにする為にも必要な知識は備えておく事が大事です。

ペットは正直子供のように可愛がっているものですからその痛みや悲しみは良く解ります。しかしそれを乗り越えてキチンとした人生を歩んでくれる事をペットもきっと願っているはずです。お別れは悲しいものですが前を向いて歩いて行ってください。

 


まとめ


ペットの火葬について知って正しいお別れをしよう

・ペットとの別れを覚悟しておこう。
・2~3社に相談してみよう。
・ペット火葬にはいろいろな種類がある事を知ろう。
・いろいろな種類から自分に合っていものを選ぼう。
・一緒に燃やすものを準備しておこう。
・ペット火葬も相場を知っておこう。