猫のブリーダーになりたい人が知っておくべき知識とは?

猫のブリーダーになりたい人が知っておくべき知識とは?

猫のブリーダーは、資格や学歴を必要としません。猫を繁殖させてペットとして販売する目的を持つ者です。そして、動物愛護管理法に基づく動物取扱業者として登録し、受理されれば誰でも行うことができます。

バックヤードブリーダーは、1匹~数匹しかいない家庭的なブリーダーです。健康な猫を繁殖させて、販売に適する状態に成長させ、その間に基本的なしつけや各種予防接種を行っていきます。

そして、よい血統の猫を繁殖させて展示会の入賞を目指します。異なる品種をかけ合わせ、品種改良を試みたりします。猫のブリーダーは、それ等に相応しい素養が必要になります。これ以降猫のブリーダーになるためにはどのような覚悟やどのような素質が必要なのかをみていきましょう。



 


猫のブリーダーになりたい人が
知っておくべき知識とは?

 


よい子猫を提供できるようにしてみよう


猫のブリーダーは、販売目的で猫を健康な状態で繁殖させます。繁殖は両親猫の長所だけが遺伝される訳ではありません。短所も引き継がれます。繁殖は親猫のデーターを知って計画的に進めます。

繁殖は自身が希望する目的の健康な子猫をつくり出すものです。そして、子猫の血統ともいうべき詳細なデーターを記録します。そこには、両親猫のデーターをはじめ子猫のことも網羅させていきます。

その一方で、子猫にトイレのしつけや予防接種を受けさせます。両親猫や子猫の情報は、常に顧客に説明できるようにしておきます。子猫の癖や性格など細いことを載せた資料作りが大切になります。

 


顧客のために情報を更新してみよう


猫のブリーダーは、猫が好きなことが第一義です。親猫の飼育状況や子猫の健康状態を常に把握しています。そして、ことあるごとに知識を積み上げる努力の姿勢を貫くことが大切になります。

必要となる学問の再勉強や、進歩する猫用品の知識など、鈍った腕や技術のみがき直しをしていきます。また、一定のレベルに達した状態から、更に幅広い領域の教養を身に付けることにも挑戦していきます。

その一方で、最先端の情報を確保し、情報の更新に務め知識のブラッシュアップを図っていきます。最新のニュースを顧客のために提供できる体制作りをすることが、ブリーダーの仕事になります。

 


猫種のスタンダードを理解してみよう


猫のブリーダーは、スタンダードを理解する必要があります。猫種のスタンダードは、ある枠踏みを満たした猫を目指す指標のようなものです。また、その進展によって生み出された猫をおし測るためのものです。

ジャッジはそれらの指針に則ったことをします。その結果、その猫種の発達を比較するためのものさしのようなものがスタンダードになります。純血種を維持している猫種には、理想の猫種のイメージがあります。

その枠組みを定めているものがスタンダードになります。ブリーダーが繁殖を手掛けていく時には、このスタンダードをより理解して、それに沿った子猫の誕生を目指していくことが最良の方法になります。

 


質のよい子猫を作りあげてみよう


猫のブリーダーは、顧客によい子猫を提供するものです。いつまでも可愛がって飼育してくれる要素を持った人に譲り渡せればよいのです。トイレのしつけや予防接種は前もって済ませておきます。

子猫の譲渡の際は、多少のエピソードを準備して披露してみます。そして、ブリーダーとしての責任の一端を果たします。子猫譲渡後の困り事相談などのアドバイスのアフターフォローについての説明をします。

不測の事態に備えた生体保障の約束を付与したことを告げます。更に、所属団体への申請によって発行された血統証明書を手渡します。最後に動物愛護管理法に則って顧客に子猫を販売します。

 


子猫や親猫の情報も開示してみよう


猫のブリーダーは、顧客との信頼関係が大切になります。子猫は成猫になって寿命を全うするまでには長い年月を要します。その間はブリーダーとして、譲渡した子猫のその後の様子を気に掛けていきます。

顧客からの求めに応じた問い合わせには、すぐに応じられる情報を持っていることが大事なことです。その一方で、猫を飼育している現場見学やお困り相談に対応することも大切なフォローアップになります。

小規模なバックヤードブリーダーでも出来るだけ顧客のために必要な情報を開示していきます。また、トラブルが発生した際には、速やかに誠意を持って対応することが重要になります。

 


優良ブリーダーを目指して努力しみよう


猫のブリーダーは、扱っている猫種の情報に詳しいものです。そして、子猫が無事に育っていくことを願っています。優良ブリーダーを目指して様々なことを自主的にしていくことを苦にしません。

顧客とのコミュニケーションを上手にとれるように努力します。また、子猫を飼育する環境を清潔に管理していきます。子猫は生後2ヶ月以降にきちんと顧客に譲渡できるスケジュールになっています。

猫の飼育舎の見学や、子猫の親や兄弟猫に会わせます。顧客の求めに応じて動物取扱業者登録証を見せます。更に、ワクチン接種の必要性の説明やワクチン接種の証明書を渡したりしていきます。

 


社会的な健全性を意識してみよう


猫のブリーダーは、社会的な健全性を持っています。猫を可愛がれる人です。人付き合いを普通にできます。日本の法律を守れる人です。ブリーダーとして、猫を繁殖させてその子猫を販売していきます。

そこにはれっきとした社会のルールが存在します。猫のスタンダードや動物取扱業、トイレのしつけや予防接種、健康な子猫や純血種など、それ等を真面目に捉えていくブリーダーの人間性が問われます。

ブリーダーは、完全無欠の人でなくても勤まります。そして、少なくとも国や身の回りの人たちに迷惑をかけないことが重要なことです。その結果、猫のブリーダーは猫が好きで心が温かい人が似合っています。

 

いかがでしたか。猫のブリーダーは資格を問わず猫を真面目に飼育できる人です。そして、猫も対象になる「狂犬病予防法」や「動物の愛護及び管理に関する法律」などの国が定めた法律を順守します。

猫舎の鳴き声や臭気などで他者に迷惑をかけません。猫の飼育に関する知識の習得を怠りません。情報を開示します。地域や顧客とのコミュニケーションを図り、生活マナー向上に努めるなど課題は山積です。

全ては優良ブリーダーを目指す試金石だと認識することです。結論。猫のブリーダーは、安易に手がけられない側面を具備しています。かけ足で見てきました。

猫好きなあなたがそのほかの猫好きの人たちのために優良ブリーダーとなっていただけたらとてもうれしい限りです。上記の項目を踏まえて考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ


猫のブリーダーになりたい人が知っておくべき知識とは?

・健康な子猫を提供できるブリーダーを目指していこう
・情報をブラッシュアップして顧客に役に立っていこう
・猫種のスタンダードに近づけるようにしていこう
・よい子猫の譲渡を心がけて情報は開示していこう
・優良ブリーダーを目指して社会的健全性を持っていこう