一人暮らしの人がペットを飼うなら絶対おすすめの7種

一人暮らしの人がペットを飼うなら絶対おすすめの7種

一人暮らしをしている人は、寂しいからついついペットが欲しいと思いがちですよね。仲間が欲しい。一人は寂しい。ガランとした家に帰ってくる寂しさには耐えられない。命あるものにふれてなごみたい。癒されたい。一人暮らしの人ほど、ペットを求めてしまう、わかります私も同じ状況ですから。仕事で毎日忙しく、心身ともに疲れ切っている人。仲間が欲しい高齢者の方。ペットを求める一人暮らしの方は、きっと多いことでしょう。

けれども、一人暮らしの人がペットを飼うのは、基本的には、オススメできることではありません。なぜなら、ペットというものは生き物。命あるもので、お世話を欠かしてはいけないものだからです。

ペットを飼うということは、その生き物の命を預かるということ。例えば、あなたが急病にかかってしまった場合、そのペットをお世話する人が、身近にいなければ、あなたのペットは誰にも世話されずに、死んでしまうことになるのです。

それでも、どうしてもペットの家族が欲しいという一人暮らしの方は、自分の身に万が一のことが起こっても、そのペットのお世話をしてくれる人が近所にいるかどうか、まずは確認してみましょう。例え、あなたが長期入院などしてしまっても、そのペットのお世話を引き受け、責任を持ってくれる人が身近にいるのならば、ペットのことを考えてもいいかもしれません。

それでは、一人暮らしの方が飼えるペットには、どのような生き物があるのか、お伝えします。



 


一人暮らしの人がペットを飼うなら
絶対おすすめの7種

 


クワガタ・カブトムシ


一人暮らしのペットに向いているのは、寂しがったりしない生き物。そして、世話の簡単な生き物です。クワガタやカブトムシは、この二つの条件をかねそなえているといえるでしょう。

ただし、飼育ケースに、やたらにたくさんのクワガタやカブトムシを入れないように気をつけましょう。あまりたくさん入れ過ぎると、お互い同士ケンカしたり、最悪の場合は、死んでしまうこともありますから、一つのケースに、1ペアずつ飼うことをおすすめします。

カブトムシは大食いですから、えさがなくなっていないか、こまめにチェックしてあげましょう。

 


カメ


大声で鳴かない、大人しいカメも、一人暮らしのペットとしておすすめです。大きめの水槽を用意してあげましょう。はじめは小さくても、カメは大きく成長していくものですから、大きすぎるかなと思うくらいの水槽でちょうどいいのです。そして、水は毎日かえてあげましょう。カメは、水をすぐに汚してしまいますが、実はとてもきれい好きで、きれいな水が大好きです。

 


ハムスター


一人暮らしのペットとして、ハムスターもいいですね。犬や猫はダメでも、ハムスターならOKというマンションも案外あります。鳴き声も立てませんし、場所もとりませんから、案外、一人暮らしのペットに向いています。

ただし、寒さには弱いので、室温管理はしっかりとしてあげましょう。

 


熱帯魚


犬や猫はダメなマンションでも、熱帯魚ならOKというマンションは多いです。エサを一日二回やればいいだけなので、一人暮らしのペットとしてこちらもおすすめです。ただし、水槽の中に、魚を入れ過ぎるのはやめましょう。

 


フェレット


フェレットも、一人暮らしのペットとして、わりとおすすめです。フェレットは、睡眠時間の非常に多い生きもので、一日に20時間くらい眠ります。ですから、留守が長くても、そんなに寂しい思いをさせなくてすむでしょう。ただし、暑さに弱いため、室温が、28度以上にならないように注意してあげる必要があります。

 


オカヤドカリ


陸生のヤドカリであるオカヤドカリ。ヤドカリなんてペットにできるのかなと思うかもしれませんが、最近、人気が高まっているペットの一つです。飼育は比較的簡単なので、一人暮らしのペットとしてはおすすめですが、大切なことは、温度管理と湿度管理を徹底すること。温度は、20度~30度。湿度は、50~60%程度がベストだといわれています。

また、オカヤドカリの寿命は、20年~30年と非常に長いですから、長い付き合いになるということも頭にいれて、飼育をはじめましょう。

 


タランチュラ


危険生き物として知られるタランチュラを好んでペットにするなんて、よっぽどの変人だけだろうと思うかもしれませんが、そんなことはありません。タランチュラは確かに毒はありますが、弱いですし、よく見ると、非常に美しい色や造形をしているのです。世話もわりと簡単な方なので、一人暮らしのペットとしておすすめです。

垂直に移動するため、高さのある専用のケージを用意してあげましょう。25度程度に保温し、適正な湿度を保ってあげましょう。エサは、市販の冷凍マウスか、マウス肉で作ったソーセージ。生きたエサしか食べないという場合は、生きたコオロギなどを捕獲する必要があるため、エサの確保は、ちょっと大変になります。

 

いかがでしたか。ペットなら定番の犬やネコが出てこなかったと不満に思う人もいらっしゃることでしょうが、残念ながら、犬やネコは、一人暮らしの方が飼うのは、むずかしいものがあるといえます。

もしも、どうしても一人暮らしで、犬やネコを飼いたいという場合には、留守にする時間が少ないということが、絶対的な条件になります。ほとんど、家にいて、家で仕事をするという人ならば、犬やネコの飼育を考えてもよいでしょう。

その場合でも、必ず、自分に万が一のことが起こった場合に、あなたの犬やネコを世話してくれる知人がいるということが、絶対的な条件です。しかも、あなたの犬やネコは、その知人になついていなければなりません。そういう環境を整えてから、犬やネコの飼育は、考えてください。

ペットを気軽に飼いはじめてはいけません。寂しいのはわかります。ですが、ペットは生き物。命があるんです。そのことを忘れないで、しっかり下調べをしてから、飼いはじめることをおすすめします。

 


まとめ


一人暮らしにおすすめのペットとは

・寂しがりでないし、世話も簡単なクワガタ・カブトムシ
・大声で鳴いたりしないカメ
・鳴き声も、飼育場所もとらないハムスター
・毎日の世話が簡単な熱帯魚
・長時間留守にしても大丈夫なフェレット
・比較的飼育が簡単なオカヤドカリ
・世話がわりと簡単なタランチュラ