ペットロスから立ち直りもう一度動物と向き合う7つの方法

ペットロスから立ち直りもう一度動物と向き合う7つの方法

皆さんはペットロスと言う言葉を聞いた事がありますか?大切なペットを失ってしまってある意味虚無の状態に陥ってしまう事です。大切な愛情をたっぷり注いだペットであるからこそ失ったダメージは大きいものです。今回はこのペットロスについて取り扱います。ペットロスから立ち直りもう一度動物と向き合う良さをしっかり語っていきます。確かに別れはつらいものです。

しかしいつまでも悔いていても始まりません。自分とペットをもう一度しっかりと見つめ直して再び動物を飼う事が出来るようにする、心の持ちようを教えます。とても大事な命に関わる問題なので大切に扱いたいものです。



 


ペットロスから立ち直り
もう一度動物と向き合う7つの方法

 


先代と同じ名前を付けよう。


ペットロスから立ち直るには先代の無くなったペットの代わりを新しいペットにしてもらう必要があります。この場合は先代と同じ名前を付ける事で先代のペットと同じように接する事が出来るようになります。ペットロスにはペットを飼ってしまうのが一番です。

そして同じ名前を付ける事で先代のいなくなった寂しさを紛らわせる事が出来ます。これは多くに家庭が行っています。当然個体差はありますので全く同じというわけではありません。先代のペットと違う点も出てくることでしょう。しかしペットを失った寂しさからは幾分解放されて新しいペットとの生活を楽しむことが出来ます。先代のペットと同じ名前を付けてペットを飼ってみましょう。

 


言霊には魂が宿る事を覚えよう。


言霊と言う言葉を知っていますか?言葉の魂です。先代と同じ名前と付けて呼ぶ事によってその先代の魂が宿るというものです。

現にうちにはチロちゃんという猫がいます。現在2代目ですが先代も身体が小さくちょろちょろと動き回っていました。2代目もまるで先代の生き写しのようになっています。

これは信じるか信じないかは受け取り方次第ですがやはり言霊というものは存在しているというものです。それは見えないですがペットロスという悲しい出来事を少しでも和らげる事が出来ます。先代と同じ名前を付ける事で先代のようなペットになる事でしょう。

個性はありますがこれは本当に存在していると私は考えます。先代と同じ名前で新しいペットを呼ぶ事で先代の魂が宿るのです。言霊を信じてみましょう。

 


沢山可愛がる事は大事な事と覚えよう。


出来る事ならペットを沢山飼ってペットロスの影響を少なくしたいものです。多頭飼いしている場合はペットロスは影響が少ないとも言われています。ただやはり死と言うものの悲しさや虚しさは埋まられようにも埋められないものであると言えます。

ペットに愛情を持って沢山可愛がる事はとても大事です。ペットロスも当然ペットを可愛がっていた証なのでこれが起こる事は良いと捉えるべきでしょう。ただし落ち込み過ぎて自分を追い込んでしまうようなものはいけない事です。

沢山可愛がることは良い事です。それだけ愛情を持って接する事は当然大事です。ペットロスの影響を少なくする為にも可愛がる事は大事だと思いましょう。失ってしまった寂しさは新しいペットに同様の愛情を持って接する事で解消出来ます。そう考えて新しいペットと向き合いましょう。

 


新しい動物が支えになる事を理解しよう。


ペットロスになる前に是非とも新しいペットを飼う事をおすすめします。まだ喪中だからなどと言ってないで新しいペットを迎える事で新しい生活が待っているのです。新しいペットが支えになるのです。先代のペット同様に愛情を持って接していけばそれはとても可愛い事は先代とも変わりないものです。新しいペットはきっと先代のペットと同じように可愛い仕草をみせるはずです。それを深く愛情を持って接する事です。

新しい動物を早く迎えてペットのいない寂しさからは脱却すべきです。それがとても大事です。新しいペットのしつけなどに気を取られていればきっと先代の事は忘れる事が出来るでしょう。新しい動物が新しい支えになる事を理解しましょう。

 


ペットロスはペットで治る事を理解しよう。


ペットロスは愛情を持って接していたペットを失う事による虚無感の塊です。このような塊は早目に取り去ってしまう事が大事です。確かに先代のペットとの思いでは忘れる事はないでしょう。しかしいつまでも引きずっていては良くありません。失ったものは戻らないのです。それは自然の摂理です。

これにはやはり新しい動物を家族として迎える事です。そしてその新しいペットに同様の愛情を注ぐ事がとても大事です。ペットロスを直すにはペットに活躍してもらうほかにはありません。ペットロスはペットで治る事を理解しましょう。そして新しい命を預かる準備をしましょう。

 


命は巡る事を理解しよう。


ペットロスはとても悲しい虚しい事です。その気持ちはよく解ります。ですがこの自然は水が巡っているように命もまた巡っていると考えます。新しい命を迎える事でその巡りはおこると確信しています。悲しみに打ちひしがれている暇があるのなら新しい命を預かるべきです。それが自然界の摂理というものであると言えます。

ペットロスから立ち直る為には命の巡りを感じる事です。きっとこれは動物を飼った経験がある人なら感じるかも知れませんが死んだペットも何らかの形で関わっているのです。目に見えないので感じる事は出来ないかも知れませんが必ず何らかの形で残されています。ですから命は巡るのです。それは新しく産まれてくる命かも知れませんし新しく迎えたペットに宿るものでもある訳です。

 


ペットを飼う事で命が救われる事を考えよう。


ペットロスと言う状態は確かにペットに愛情を持って接してきた証であると言えます。しかしあなたがペットを飼う事によって一つの命が救われると言う事でもあります。現在も多くの動物が殺処分されています。

その動物たちを救う為にも一人でも多くペットを飼う事が大事なのです。これはペットを飼う事を強制しているわけでもなくむしろきちんとした覚悟が無い飼い方はダメです。無責任な飼い方や繁殖などによって多くの命が奪われているのです。

これに一役買おうではないですか。ペットロスの状態はペットを飼う事が出来る状態なのです。1つでも多くの命を救うためにもペットを飼うべきなのです。

 

いかがでしょうか。ペットロスの状態は確かに悲しい虚しいものです。中にはそんな気持ちをもう味わいたくないと言ってペットを飼わない人もいます。それは本当に正しい行動なのでしょうか。ペットを新しく飼う事は自分の人生を前向きにとらえる事であると考えます。ペットが飼える責任状況があるのなら是非とも新しい家族として迎えてあげて下さい。

それがペットロスから脱却して人生をより良くする事であると信じています。大切な家族の一員だからこそペットが常にいる状態を作る事こそがペットロスから立ち直る一歩となるのです。

 


まとめ


ペットロスから立ち直りもう一度動物と向き合う方法

・先代と同じ名前を付ける事で言霊になる事を感じよう。
・可愛がること愛情を注ぐ事は大事な事であると認識しよう。
・新しい動物が穴を埋めてくれる事を理解しよう。
・ペットロスはペットでしか治せない事を理解しよう。
・命は巡る事を理解しよう
・ペットを飼う事で一つの命が救われる事を考えよう。