三毛猫の性格を知って明日から楽しく暮らす7つの方法

三毛猫の性格を知って明日から楽しく暮らす7つの方法

三毛猫といえば代表的な『日本猫』というイメージの猫ちゃんですが数ある猫種の中でも三毛猫ちゃんの性格ははたして扱いやすいタイプなのか、それとも難しいタイプなのか。猫の性格といえば一般的には気まぐれで他を寄せ付けない気難しい子達という印象ですがその中でも気の優しいタイプや甘えん坊さんだって存在します。

そんな猫の性格は被毛のタイプで大きく分類されるという意見もよく耳にします。それは長毛か短毛かでも違ってきたり猫種によっても違いがあるのです。では三毛猫ならどうか。対人でも同様のことが言えるのですがコミュニケーションの鍵は敵(?)を知ること。三毛猫の性格を知って明日からの生活を楽しくする7つの方法についてお伝えします。



 


三毛猫の性格を知って明日から楽しく暮らす
7つの方法

 


高い自立心ゆえに飼いやすい


そもそも三毛猫は日本に適応した猫で体も丈夫です。平均寿命も他の猫よりも長く気になるその性格も自立心が高く初めて猫を飼う方にはとてもお勧めの猫種なのです。

一言で言えばまさに『猫のなかの猫』『猫らしい猫』という表現がピッタリ。三毛猫の性格はズバリ気分屋さんで好き嫌いも激しい一面があり何か気に入らないことがあれば全力で抗議することもあるほどです。

ですから三毛猫さんと仲良くなりたい飼い主さんは『ご機嫌伺い』を重視して下さい。機嫌が良さそうなら少し踏み込んだスキンシップを行うのも良いですが気分が乗らない様子や「放っておいて」アピールがあるようなら一歩距離を置いて眺める程度にするのがコツです。そんな自己主張が強いのも三毛猫ならではの性格です。

 


女子特有ツンデレ気質


多くの方がご存知かと思いますが三毛猫は遺伝子的に圧倒的にメスが多いといわれる猫種です。そのため三毛猫には女子特有の性格でもある「この世で一番可愛いいのは誰?私でしょ?」的なお姫様気質をもった性格の子が多いといいます。

時にとても可愛い甘えん坊さん、時に突然荒々しい暴れん坊さんと何とも勝手気ままな行動をする猫が三毛猫なのです。

猫ってツンデレだよねって三毛猫のためにある言葉と言っても過言ではありませんね。つまり三毛猫の飼い主さんはそんな性格を把握して常に『しもべ』的な立ち位置でいれば関係も上手くいくかも知れませんね。

でもそんなところが魅力的でそんなわがままも許しちゃうほど可愛いのです。そんなお嬢様気質で気が強くミステリアスな性格が魅力と熱狂的なファンも少なくないのです。

 


一歩上行く賢さも魅力


三毛猫の性格としてはその賢さも特徴の1つです。自分が可愛いことをちゃんと自覚しているので飼い主さんを喜ばすにはどんな表情でどんな風に甘えたら良いかをよくわきまえています。

つまり三毛猫を飼うのなら飼い主さん主導で!と気張る必要はないのです。飼い主さんのツボをしっかりおさえてくれている賢い猫、三毛猫に任せるのが一番。

 


和猫本来の性質


『和猫』の代表とも思われる『黒三毛』といわれるタイプの三毛猫の性格は和猫本来の性質に近いものを感じさせるといいます。その見た目は丸顔・小さめの離れた目と耳。ずんぐりむっくりで手足は短め。曲がり尾が特徴です。そんな和猫の性格を色濃く持った三毛猫は頑固で融通が利かず気が強い。ゴーイングマイウェイ的な性格であるといいます。

因みにそもそも『和猫』とは元々日本古来の動物ではない猫が平安時代に中国から渡ってきて日本で生活するうちにそのスタイルを確立したものです。しかし戦後になり海外から様々な猫が日本に入ってくると和猫と洋猫のmix化が進み現在では日本古来の和猫の姿は見かけることが出来なくなったということです。

 


母性本能の強い子育て上手


三毛猫の中でも特に縞三毛(パッチドタビー&ホワイト、トービィ&ホワイト)と呼ばれるタイプの三毛猫は特徴的な性格を持っているといいます。三毛と同じ三色(黒・赤・白)の毛色を持つ猫ですが黒い部分にシマ柄があるものを縞三毛と呼びます。

そのほとんどがメスでそのタイプの三毛猫の性格は一般的な三毛猫よりも一見穏和で大人しく見えますがひとたび怒らせると強い怒りの表現をするといわれます。

一般的に三毛猫は強い母性本能を持っていると言われますが特に母性本能が強く子育て上手ないいお母さんになる猫ちゃんが多いのもこのタイプだといいます。いずれはベビーも迎え二世代で育ててみたいとお考えの飼い主さんにはお勧めです。

因みに非常に母性本能が強い子が多いのですが自分の子にひとたび危険が近づけば命がけで守る強さはあるけれど、それがよその子であれば全く無関心だったりほとんど興味を示さないこともあるのです。しかし一度受け入れたら血のつながりのない子猫でも命がけで守るというのですから情の暑さや洞察力にはとても優れている猫なのです。

 


プライドが高い


猫を飼うとなれば当然のことながら問題行動をしない様に、或いは基本的な生活のルールを教える為にしつけをしなければなりません。しかししつけをするときには三毛猫は非常にプライドが高い性格であるということを念頭において上手にしつけてあげて下さい。

しつけの時はあまり上から押さえつけ過ぎないように注意が必要です。とても賢い猫なので教えたことはすぐに覚えてくれるので無理は禁物です。逆に信頼関係が上手く築けなければコントロールすることは難しいので慎重さが必要です。

 


人懐こい


三毛猫の性格はちょっと気難しかったり警戒心が強いところもありますが基本的には人なつこい性格です。簡単には心を許さないけれど一度心を開いて懐いてくれれば人間に限らず犬など他の動物にも愛情たっぷりに接してくれるタイプです。

その反面、三毛猫の好き嫌いはハッキリしていて相性が合わない猫は徹底的に追いつめ厳しく対応する子もいます。多頭飼いをお考えの飼い主さんは猫同士の相性もしっかり見極めることも重要です。三毛猫の性格は大きく分けるとぶちに縞がない子はかなりのお嬢様気質で縞がある子は少しお転婆さんで扱いやすいといいます。

運動能力もかなり高いので散歩に出たがったりする傾向があります。狭い室内飼いだとストレスを抱える可能性もあるのでキャットタワーを用意したり充分に運動できる環境を整えてあげることも大事です。

 

いかがですか。以上が三毛猫の性格を知りつくして明日からのニャンダフルライフを何倍も楽しむ方法です。猫との暮らしは楽しいことばかりです。癒されたりのんびりした気分になれたり、なにより大好きな猫が隣にいてくれるだけでホッとしてしまいますよね。とはいえ究極のツンデレについていけなくて心が折れることも少なくないのです。

猫の被毛のカラ―やタイプ・猫種によって性格は100%ではないにしても分類されるというのは一般的に知られていることです。その傾向を知ることは充分に意味があることです。猫は気位が高い生き物です。気に入って貰うため・気を惹くため・心を開いて貰うために飼い主さんは必死に対策法を練る必要があるというわけですね。その努力が報われた時最高のご褒美である『ゴロにゃん』が頂けるというわけです。

 


まとめ


三毛猫の性格とは

・高い自立心ゆえに飼いやすい
・女子特有ツンデレ気質
・一歩上行く賢さも魅力
・和猫本来の性質
・母性本能の強い子育て上手
・プライドが高い
・人懐こい