柴犬の上手な飼い方を知り、もっと素敵な関係を作るコツ

柴犬の上手な飼い方を知り、もっと素敵な関係を作るコツ

柴犬の歴史はとても古いのをご存知ですか?縄文時代の遺跡から柴犬の祖先と考えられる小型の犬の骨が見つかっています。鷹狩りやウサギ狩りなどの狩猟犬として、昔から柴犬は単なる家畜としてではなく、日本人の大切なパートナーとして暮らして きました。

柴犬は賢く、とても人気があります。マメ柴などの犬種は、小型犬人気のベスト3に入ると言われています。絶対飼いたい!と思う人も多いでしょう。

今回は、柴犬の上手な飼い方を知り、もっと素敵な関係を作るコツについてご紹介しましょう。



 


柴犬の上手な飼い方を知り、
もっと素敵な関係を作るコツ

 


柴犬の性格を知ろう


柴犬の性格は忠実で従順、勇敢で行動的です。あまり騒がしく鳴く声性質ではありません。育て方次第で無駄吠えは防げます。

しかし賢い犬のため、しっかりしつけないと飼い主以外の人間には懐かない性質も持っています。やや神経質で頑固なため、小さな⼦供のいる家庭には不向きかも知れません。

また、社交性に欠ける為、幼少期のしつけが重要です。柴犬は飼い主にとても忠実なので、番犬としても優秀です。時々その大胆で勇敢な性格から、同性の犬に攻撃的になったり、小さな動物を追いかけたりと好奇心が強い傾向があります。

昭和11年に天然記念物に指定された柴犬は、長野県の「信州柴」、岐阜県の「美濃柴」、本州山陰地方の「山陰柴」の3種類のタイプが存在していました。しかし、第2 次世界大戦後、絶滅の危機を迎えた際に各地の柴犬を集めて交配したことから柴犬の特質は失われたと言われています。

しかし元々が賢く忠実な柴犬は、今も昔も人気が高く、専門のブリーダーの数が多いのも特徴です。

 


柴犬の飼育方法を知ろう


柴犬の毛並みは硬い短毛のため、手入れ事態は比較的楽です。基本的には硬めのペット専用ブラシで、 毎日ブラッシングをするだけでいいでしょう。ただ換毛期は皮膚病予防の意味でも入念なブラッシングが必要です。

汚れが目立つときは、蒸しタオルで体全体を包みながら、全体を優しく拭いてからブラッシ ングしてください。入浴はあまり必要ありません。

換毛期には月1回程度、普段は体臭が気になるとき や、被毛がベタついたときだけで十分です。洗うときはシャンプー を使わずに全身をシャワーで濡らして蒸すようにしてください。

柴犬はとても活発です。毎日十分に運動させましょう。小さくても忠実な性格ですから、しつけや訓練もしっかりと行って下さい。

柴犬は屈指のキレイ好きです。自分のテリトリーを排泄物で汚すことは滅多にありません。できれば長めの散歩をしたり、広々とした屋外で十分に遊ばせてあげましょう。

 


柴犬のなりやすい病気を知ろう


柴犬は無駄吠えがめったに無く、排便の始末も良いので、逆に病気になると分かりにくかもしれません。割と我慢強いので、痛みがあっても鳴いて知らせる事は少ないようです。

活動的な犬なので、外でも充分に飼えますが、できれば室内で飼った方が柴犬の変化に気がつきやすくなります。

柴犬がなりやすい病気には、皮膚疾患、中心性進行性網膜萎縮、膝蓋骨脱臼 、股関節形成不全などがあげられます。

また好奇心旺盛なため、他の犬にじゃれついて怪我をしたり、散歩中の事故もよく聞きます。できればペット保険に加入しておくと安心です。

柴犬自体は非常に清潔好きなので、病気になりにくい犬種です。怪我や事故には気をつけて下さい。

 


柴犬とマメ柴の違いを知ろう


柴犬とマメ柴の違いは何と言っても大きさです。柴犬の成犬は大体、オスで38~41cm、メスで35~38cmです。豆柴はオスで30~34cm、メスで28~32cm。最近はもっと小さい小豆柴という犬種もいるようです。

柴犬とマメ柴の大きな違いは、血統書の存在です。柴犬を一番多く作出している団体は「日本犬保存会」ですが同会では豆柴の作出を会員に禁止しています。したがっ てこの団体の血統書が付いた豆柴はおりません。

豆柴を最初に作り始めたのは樽井荘という犬舎です。 豆柴を世間が認知するようPRし繁殖を進めたのは宝山荘です。 マメ柴の血統を確かめたい場合、この二つの犬舎の流れを汲む犬舎の作出犬かどうか確認すると良いでしょう。

ブリーダーから飼う場合、日本社会福祉愛犬協会(KCジャパン)は宝山荘系列の犬にしぼり込んで豆柴とする方向で進んでいます。KCジャパン会員のブリーダーから購入すると豆柴を公認、認定されます。

 


柴犬に愛される飼い主になろう


柴犬は飼い主を大変大切にします。いつまでも飼い主を待ち続ける粘り強さと忠誠心に、一度柴犬を飼ったら他の犬は飼えない、という飼い主もいるほどです。

柴犬との素敵な関係を作るには、お互いに信頼関係を結びましょう。いつも同じ時間に散歩してくれる、毎日撫でたりブラッシングしてコミュニケーションを取ってくれる、柴犬が安心して一緒に暮らせる飼い主を目指しましょう。あなたが愛すれば、柴犬はそれ以上の愛情をあなたに帰してくれるはずです。

一番タブーなのは無関心。最初はとても可愛がったのに、だんだん忙しくなって散歩も短く、ブラッシングは気が向いた時だけ、という飼い方が一番柴犬を傷つけます。

柴犬はいつでもあなたを見ています。飼い主が大好きな性格です。毎日話しかけてたっぷり愛情を注いで下さい。

 

いかがですか。柴犬はとてもお利口です。あなたの気分に敏感に反応して、慰めたり励ましてくれるといいます。

しっかり者ですから、番犬にもぴったり。泥棒からあなたの財産を守ってくれます。クリクリしたつぶらな瞳とバタートーストを思わせる毛並み。寿命も12~17年と長いのも特徴です。10年以上あなたのパートナーとしてそばにいてくれます。

人気がある分、保健所等に遺棄される事も多い柴犬。もし飼いたい場合は、是非お住まいの保健所に問い合わせてみて下さい。

 


まとめ


柴犬の上手な飼い方を知り、もっと素敵な関係を作るコツ

.柴犬の性格を知ろう
.柴犬の飼育方法を知ろう
.柴犬のなりやすい病気を知ろう
.柴犬とマメ柴の違いを知ろう
.柴犬に愛される飼い主になろう