猫の動画を撮る方法で一番気を使いたいところとは

猫の動画を撮る方法で一番気を使いたいところとは

ネットの世界では可愛い猫の動画は最近とても人気です。猫の面白動画や癒し系動画・感動動画など様々なタイプが世界中の多くの方々に見られていて話題の有名猫ちゃんもいるほどです。そして我が家の猫ちゃんや街中で出逢った猫ちゃんを是非動画におさめて何度も見返してみたくなりますよね。私もお家の猫ちゃん達の一挙手一投足をおさめたくてスマホやビデオを構えるのですが・・・なかなか撮りたい瞬間をおさえるのは難しいのです。

シャイで気難しい猫ちゃん達はカメラを構えた途端にそれを察知して動作を止めてしまいガッカリするパターンがほとんどです。飼い主さんのささやかな楽しみのためだから協力して!とお願いしたって聞いてくれるわけもありません。そんな猫の動画を撮る方法で一番気を使いたいところについてお伝えします。



 


猫の動画を撮る方法で
一番気を使いたいところとは

 


用途に合わせたカメラ選び


他の動物に比べるとペットの犬や猫は人に慣れていて言葉もある程度は理解している分撮りやすいと思われるかもしれませんが特に猫は『自分の世界』をしっかり持っている子が多い為一筋縄ではいきません。まずは猫と意思疎通がとれていて猫にリラックスしてもらわないと飼い主さんの願いとは言え動画撮影に応じてはくれないものです。

動画を撮るにはカメラが必要です。『デジタルコンパクトカメラ』がお勧めです。画質や手ブレには不安がのこりますが何より気軽に撮れることが最大のメリットです。撮りたいと思うタイミングにサッと用意が出来て即対応できることが猫の動画を撮るには最も重要なのです。貴重なシーンやその一瞬の可愛い様子を撮りたいのなら瞬時にカメラを構えられることは重要ですよね。

もし失敗せずに猫の動画を撮影したいのなら『ビデオカメラ』です。手ブレ補正は勿論、ズームやオートフォーカスなどの機能も充実しているので特別な知識やテクニックを必要とせず動画初心者でも比較的簡単に見栄えの良い動画の撮影が可能です。突然の撮影チャンスに焦ってしまいがちな方にはお勧めです。

更に高画質の猫の動画を撮影したいのなら『動画撮影機能付き一眼レフカメラ』に挑戦してみて下さい。多少のカメラの知識は必要になりますが他に比べると圧倒的に高画質の動画の撮影が可能です。驚くほどの高クオリティ動画が撮影出来るかも知れませんよ。

 


常に撮影環境を整えておく


猫の動画の撮影チャンスはいつ訪れるかわかりません。そんな絶好のチャンスに背景となる室内の環境が目茶苦茶ではいざ画像チェックした時に折角の可愛い猫の動作よりそちらが気になり公開するのを躊躇してしまったなんてことにもなりかねません。そんな事がないように常に部屋を片付けておくのは大切なポイントです。雑多な背景は折角の猫ちゃんを目立たなくしてしまいます。

猫がのびのびと動けるようにしておくという意味でもスッキリシンプルなお部屋は重要ですよね。猫は動画を撮影するからといってじっとしている訳にはいきません。邪魔なものや映っては困るものは事前にしまっておきます。

更に猫の動画撮影には『光』も大切です。撮影はできるだけ日中にして光の量を調整できる環境があればとても素敵な動画が撮れますので光量が充分ある昼間に行うことがお勧めです。光を見事に操ることが猫の動画の出来までも左右することは否定できません。猫がどんなに面白い動きをしてくれても解説なしでは分からない様な不鮮明な動画では意味がありませんよね。

また光は猫の表情にも大きく影響します。猫の目は光の具合によっても色が変わったり瞳孔が閉じたり開いたりして猫の表情をまるで別人・・・いや別猫にしてしまうほど変わるのです。出来るだけ自然の光で撮れば猫の生き生きとした姿や表情の動画を撮ることができます。晴れていても日陰になってしまう場所や曇りの日の室内は暗い状況となるので窓際など部屋の中でも一番明るい場所で撮れるチャンスを狙うのがベストです。

 


適度な距離と構図に工夫する


猫の動画を撮りたい・・・今日こそ良い画を撮るんだと決めたからといって猫を追い回してしまっては良い動画を撮影することはできません。可能な限りゆっくりとカメラを動かすことを心掛けるのがポイントになります。猫とカメラの距離も配慮が必要です。動く被写体の猫をアップで撮りたいからと言って近づき過ぎると肝心な動きを捉える事ができません。

動きのある猫の動画を撮影するポイントは広い空間に向けてカメラを三脚に固定し枠を決めておき自由に遊ぶ猫の自然な動きや姿を撮影すると面白い動画になること間違いなしです。その中で何か予期せぬアクシデントがあったりすると更に興味深い内容になりますよね。尺は長めに撮るのがポイントです。いつ良い動きをするかわからないのが猫です。無駄なシーンはあとで編集すれば良いだけ・・・良い画を逃さぬよう気長に撮ることが大切です。

また顔見知りや気の知れた猫なら次の行動が予測出来る場合もありますよね。そんなケースならあえて猫の目線の先にもスペースを作り撮ると映像の奥行きや空気感も感じることが出来て観る人にハイレベルな動画の印象を与える効果があります。普段から猫の行動をよく見ておくのは大切です。猫の日常はどんな風に過ごしているのか知っておくとベストな撮影場所と時間帯が見えてきます。

猫を把握するにはご飯タイムの前後の様子を見るのも重要です。ご飯を食べてお腹いっぱいになり動きが活発になる猫、逆に穏やかになる猫、寝てしまう猫・・・様々です。猫の動画撮影のヒントになります。

ストーリー性のある猫の動画を撮影するのならあえて猫の目線の高さで撮影するのも面白く普段見観る事のない猫の風貌や表情を発見できて猫の心の声まで想像できるかもしれませんよ。逆に人目線でカメラを猫に向ければ猫の上目遣いの可愛い表情がとれてまるで目の前に猫がいるかのような動画になり観る人をくぎ付けにしてしまうかもしれませんね。

偶然を狙うのか、ポイントを絞るのか・・・猫ならではの撮影ポイントを押さえるのは大切です。可愛い猫を撮りたいのか野性的な猫を撮りたいのか癒されたいのか・・・いずれにしても猫の行動はほとんどの場合偶然のものです。人間の様に指示してポーズをとってくれるものではありません。ですから日常の姿をすぐに撮影できるようにいつも手元にカメラを用意して構えられる状態にしておく必要があるのです。

また猫がカメラを恐がらないように配慮するのも大切です。カメラが猫にとって特別な物でないよう撮影を無理強いしたりせず撮っている間は終始和やかにお互いが楽しい一時となるように心掛けるのが肝心なのです。

 

いかがですか。以上が猫の動画を撮る方法で一番気を使いたいところです。猫の動画を撮るなら楽しみながら自然体で接するように心がけるのがポイントです。猫が心からリラックスしてくれるのが成功の鍵でそれさえ上手くいけば今まで知らなかった猫の素顔や見た事もない一面に出逢えるチャンスが訪れるかもしれませんよ。

そもそも猫はトラやライオンなど野生のネコ科の動物の仲間です。そんな野生の血が騒ぎふと見せる仕草や行動の中に野生の世界を楽しませてくれることもあるのです。例えば猫じゃらしで夢中になって遊ぶ姿をスローモーションで観賞してみるだけでもまるでドキュメンタリー映画を見る様な大迫力・・・まったりお昼寝する様子に素敵なBGMをかぶせるも良し・・・是非お楽しみください。

 


まとめ


猫の動画を撮る方法で一番気を使いたいところとは

・用途に合わせたカメラ選び
・常に撮影環境を整えておく
・適度な距離と構図に工夫する