猫のイラストを描くならこう描け!7つの書き方

猫のイラストを描くならこう描け!7つの書き方

猫が好き、もしくはイラストを描くことが好きだという人なら、だれでも一度くらいは猫のイラストを描いた経験があるのではないでしょうか。でも、その猫のイラストは、満足の行く出来でしたか?

満足できる作品に仕上がったのなら言うことありませんが、もし、そうでなかった場合は、その原因は何なのでしょう。それは恐らく、猫のイラストを描くコツを掴めていなかったせいだと考えられます。猫なんて見慣れているから、描くのも簡単だ……と思われがちですが、実はそうではありません。

猫のイラストを描くのは、簡単なようでいて、ちょっとしたコツが必要です。今回は、そんな猫のイラストのコツと、その身に着け方などについて、お伝えします。



 


猫のイラストを描くならこう描け!
7つの書き方

 


猫をよく観察しよう


どんなものを描くにしろ、対象物を観察することは欠かせません。猫を描くときだって、同じです。猫を観察して、表情や筋肉の動き、身体のバランスなどをしっかり目に焼き付けましょう。そうすることで、自分の頭の中で猫が勝手に動き出すようになり、目の前に猫がいなくても特徴を捉えたイラストを描けるようになります。これは、デフォルメされたイラストを描きたい時にも必要ですから、必ず行うようにしましょう。

 


全身のパーツを○で表現しよう


猫を猫らしく描くコツとしては、○型を意識するということが大切です。例えば、丸まっている猫のイラストを描きたいのなら、顔を表す小さな○と、それに少し重なるようにして胴体を表す大きな○を描きます。

これだけで、猫っぽいイメージがわいてくると思いませんか?そう、猫は、そのしなやかな身体から、丸みを帯びた印象を与えるのです。ですからまずは、どんなポーズでも丸を繋げて全体をざっくりと描き、そこから細部を描き込むようにすると、猫の丸みをうまく表現できます。

 


目の大きさ、耳の三角を強調しよう


猫の顔をイラストで描くにあたり、協調したい部分は目と耳です。この、目と耳が猫っぽくないせいで、猫に見えないイラストになってしまうことはよくあること。逆に言うと、目と耳さえ猫らしく描ければ、猫のイラストは成功したも同然です。猫の目はまん丸、もしくは釣り目にして、顔の他のパーツよりも大きくデフォルメして描きます。耳は、ピンと立った三角形を意識しましょう。

確かに垂れ耳の猫種もありますが、イラストにするなら、スタンダードな三角耳の猫を描くと失敗しにくいです。

 


顔のパーツは下寄りに描こう


猫の顔を描くときに、もう一つ押さえておきたいコツがあります。それは、顔のパーツを顔全体に均等に描くのではなく、やや下寄りに描くということ。極端に描くのなら、顔の下半分にパーツを集中して描いたって構いません。

実際の猫の顔は、そんなに下寄りにパーツが配置されているわけではありませんが、イラストにするなら、額を広めに取り、パーツを下に集中させて描いた方が不思議と猫らしく見えるものです。

 


身体はしなやかに、丸みのあるラインで描こう


猫の全身像のイラストを描くなら、難しいのが身体のライン。脱力系のイラストのように、子供の落書きのようなテイストで描くのもまた味があって良いですが、写実的なイラストを描くなら、しなやかなラインを描くように意識して下さい。

先ほどの「○を意識する」ということにも共通しますが、猫の身体は、角ばっていてはいけません。猫の身体のラインを描くときは、ちびちびと線を引くのではなく、思い切りよく一筆で描くと、しなやかさが出ます。

 


肉球が見えるポーズで描こう


猫のイラストを猫らしく描くためには、猫の象徴とも言える、肉球が入るようなイラストを描くことをおすすめします。肉球は犬にもありますが、人のイメージだと、肉球=猫という印象の方が強いですよね。このイメージを利用し、肉球をしっかり描くことで、見る者に猫をしっかり連想させるのです。

イラストに肉球を入れるのはポージングなどに少し工夫が必要ですが、例えば前脚を上げたポーズや、仰向けに寝そべっているポーズなどにすると、自然に肉球を描き込めます。

 


子猫は、両耳を離して描こう


子猫を描く場合に、いかにも子猫らしく見せるコツとしては、右耳と左耳の距離を離すことが挙げられます。一度、画像や動画などで、実際の子猫を見てみて下さい。大人の猫よりも、耳が横に付いているように見えると思います。

ここを押さえてイラストで表現すれば、見る人が「あ、この子は子猫なんだな」と理解します。あとは、身体を小さく描いたり、目を大きく描くなどすれば、子猫らしい猫のイラストが出来上がります。

 

いかがでしたでしょうか。猫のイラストを上手に描くために、押さえておきたいポイントを7つご説明しました。普段から猫のイラストを描いている人なら、もうご存知のコツもいくつかあったと思いますが、これから描き始めようとしている人には、きっと役立つはずです。

また、これらのコツは本当に基礎の基礎ですから、ここを意識することができたなら、あとは経験値を積むだけです。思うままに何枚も何枚も猫のイラストを描いていけば、そのうち自分だけの猫イラストが描けるようになることでしょう。

猫のイラストを上手に描くことは、難しいことではありません。あなたも、コツさえ掴めばきっと満足の行く作品を描き出すことができるはずですよ。

 


まとめ


猫のイラストを描くならこう描け!7つの書き方とは

・猫をよく観察しよう
・全身のパーツを○で表現しよう
・目の大きさ、耳の三角を強調しよう
・顔のパーツは下寄りに描こう
・身体はしなやかに、丸みのあるラインで描こう
・肉球が見えるポーズで描こう
・子猫は、両耳を離して描こう