リスの飼い方で注意するべき7つのポイント

一般的には飼育は難しい動物とされているリスですが、愛情をもって大切に育ててあげれば、ちゃんと飼い主に懐いてくれるようになります。シマリスの飼い方について7つのポイントをお話しましょう

ペットとしてリスを飼う人が徐々に増えてきています。愛らしい姿と素早い動き、ひまわりの種を食べる姿などが魅力的ですよね。

リスの種類には何種類かあるのですが、ペットとして飼われているのは、おもにシマリスです。野生では北海道にしか生息していませんので、ペットショップで売られているシマリスは外国から輸入されたものです。

リスはげっ歯目に属す動物で、肉食動物の捕食対象となるために、感染症の感染源となり得ます。そのため、2005年に施行された外来生物法で、タイワンリスなど飼育を制限されている種類があるくらいです。

一般的には飼育は難しい動物とされているリスですが、愛情をもって大切に育ててあげれば、ちゃんと飼い主に懐いてくれるようになります。シマリスの飼い方について7つのポイントをお話しましょう。

[ 続きを読む… ]

いくら好きでもリスはペットにオススメできない7つの理由

いくら好きでもリスはペットにオススメできない7つの理由
山に近い公園を散歩していると、リスを見かけることがありますよね。彼らはとてもすばしこく、うっかりすると見逃してしまいますが、その姿はとても愛らしく、手に乗せて毛並みを撫で回したくなってしまうのです。公園や山で見かけるだけでは足りない、いつでもリスを愛でられるように家で飼いたい、と思う方も少なくないでしょう。

確かにペットショップに行けば、かわいいリスがケージの中でカリカリとひまわりの種など齧りながら行く先を待っています。しかし、かわいい気持ちでそのまま買う前に、一度リスの飼育について考えてみてください。

そこで今日はいくら好きでもリスはペットにオススメできない理由についてお伝えします。ではご覧ください。
[ 続きを読む… ]

リスをペットにするときに注意しておきたい7つの事

リスをペットにするときに注意しておきたい7つの事
フワフワしたしっぽと手のひらに乗りそうな可愛らしさが人気のリス。身近な野生動物として子供にも人気がありますよね。しかしリスをペットにしたいと考えた場合、意外にハードルが高いので注意が必要です。

日本で一番目にするタイワンリスも、2005年に特定外来生物に指定され、許可を得ずに飼育することは禁止されています。田舎で偶然捕まえたから、持ち帰って家でペットにしよう、なんて事はできません。

その場合はきちんと許可を申請し、リスの体内にマイクロチップを埋め込まなくてはいけません。今回は、リスをペットにするときに注意しておきたい7つの注意事項をお伝えします。
[ 続きを読む… ]

リスの飼い方で知っておきたい7つの基礎知識

リスの飼い方で知っておきたい7つの基礎知識
愛らしい動きとつぶらな瞳が可愛らしいリス。最近はペットショップでもよく見かけますよね。しかし、小さいし、散歩もいらないから、と安易な気持ちでリスを購入するのは考えものです。

リスはもともと野生の動物ですから、季節ごとに行動が違います。繁殖時期、冬眠前とリスの気性も変化しますから、飼う場合は注意が必要です。病気の他に、感染症のリスクも考えなくてはいけません。リスの種類によっては飼う前に色々な申請が必要な場合だってあるのです。

今回は、リスを飼う前に知っておきたいリスの飼い方の基礎知識を7つ、ご紹介しましょう。
[ 続きを読む… ]