フクロウをペットするときの注意するべき7つの環境

フクロウをペットするときの注意するべき7つの環境

現代の日本ではフクロウを飼うことは認められており環境さえ整っていれば誰でも飼うことができるのはご存知ですか。しかし可能であっても実際には他の生き物を捕食する鳥である『猛禽類』のフクロウを飼育することはそんなに簡単なことではありません。他のペットを飼う様な気楽な気持ちで始めてしまうとアタフタしてしまったり後悔してしまうことにもなりかねません。

しかし何といってもフクロウは魅力的な生き物です。いまや猫カフェと並びフクロウカフェもとても人気のスポットだと聞きます。様々なタイプのフクロウに癒されたくて足しげく通うファンもいるのだとか・・・そんなフクロウをペットするときの注意するべき7つの環境についてお伝えします。
[ →続きを読む… ]

フクロウをペットに☆人気の種類や特徴を画像で紹介☆

フクロウをペットに☆人気の種類や特徴を画像で紹介☆

フクロウをペットにしたい!最近は、ふくろうカフェもあちこちにできて、“癒し”としてのフクロウに人気が集まっているようです。しかし実際のフクロウは“癒し”とは程遠い生き物で、真っ暗闇の森の中を音もなく飛びまわり、獲物に襲い掛かる森のハンターなのです。それにフクロウは犬や猫のようにしつけができる動物ではないし、トイレの場所を覚える気もないので、フクロウをペットにするにはそれなりの環境と覚悟が必要です。

今回は、それでも、「フクロウをペットにしたい!」という方のために、ペットとして人気のフクロウの種類や特徴を画像を交えながらお伝えします。部屋飼いできる全長20センチのちっちゃなフクロウもいます!ご参考までに。

[ →続きを読む… ]

フクロウをペットにしたい!絶対知っておくべき4つの知識

フクロウをペットにしたい!絶対知っておくべき4つの知識

フクロウをペットにすることができることを知っていますか。最近ではフクロウに実際に触れたり、鑑賞したりしながら食事を楽しめる「フクロウカフェ」が人気だったりと、自分の家でもフクロウを飼ってみたい!と思っている人も多いのはないでしょうか。

フクロウは「猛禽類」に分類されるとあってペットとするには敷居が高いイメージがありますよね。しかし、きちんと手順を踏んで準備をしていけば、フクロウをペットとして迎えいれることは難しいことではありません。

正直、犬や猫、同じ鳥類のインコなどとはまったく勝手が違う生き物です。そこで今回は、フクロウをペットにしたいと思うなら、必ず抑えておきたい知識をお伝えします。フクロウのいる生活、ぜひ実現させましょう。

[ →続きを読む… ]

フクロウをペットにするときに注意するべき7つの環境

フクロウをペットにするときに注意するべき7つの環境

近年、フクロウやタカなどの猛禽類をペットとして飼育する人が増えています。その羽の美しさや鋭い表情、解き明かされていない生育の方法などについてもっと知りたいという猛禽類のマニアも増えています。

また映画の中で美しい姿を見せてくれたシロフクロウなどはペットとしての人気が急上昇中です。しかし、猛禽類についてはその生育方法が完全に解明されていないため、飼育はかなり難しいと言われています。

犬や猫のようにペットとして飼われた歴史が浅いため、飼育する人も自分の体験や、他の飼育者の経験などとすりあわせながら飼育しています。魅力あるフクロウをペットとして飼うには、エサやり、体調の管理、病気などたくさんの点に注意しなければなりません。
フクロウをペットとして飼うために一番大切な環境作りについて、注意すべき点についてまとめてみました。
[ →続きを読む… ]