子猫の画像をとるなら絶対必要な5つのグッズ

子猫の画像をとるなら絶対必要な5つのグッズ

子猫が大人になるまでの時間はあっという間だから、子猫のうちに画像に収めておきたい……と思うのは、当たり前のこと。ですが、焦って何の準備もせずに子猫の画像を撮ろうと思っても、なかなかうまく行かないことが多いのではないでしょうか。

それは、子猫を撮影するにあたって必要なグッズを用意していないことが敗因だとも言えます。子猫の画像を上手に撮るためには、ただカメラだけを用意すれば良い、というわけにはいかないのです。

子猫をリラックスさせるものを用意したり、カメラ以外の撮影用品を用意すれば、それらを使わずに画像を撮った場合との差は歴然。今回は、子猫の画像を撮るために用意しておきたいグッズについて、お伝えします。



 


子猫の画像をとるなら
絶対必要な5つのグッズ

 


一眼レフカメラ


子猫の画像を撮るなら、絶対に無くてはならないのがカメラ……というのは、当然のことですね。ですが、重要なのはどのようなカメラを用意するかです。もちろん、手軽にスマホのカメラなどで撮ることも可能ではありますが、やはりクオリティの高い子猫画像を目指すなら、一眼レフカメラを用意したいところです。

なぜなら、スマホのカメラやコンパクトなデジカメでは、ボタンを押してからシャッターが作動するまでにタイムラグが生じ、最高の一瞬を逃してしまう恐れがあるからです。その点、一眼レフカメラならその問題は解消されるので最適と言えるでしょう。

 


望遠レンズ


カメラだけではなく、せっかく子猫の魅力を画像に収めるのですから、レンズにもこだわっておきたいところですね。例えば、接写されると怯える子猫の画像が撮りたいなら、望遠レンズを用意すれば離れた場所からでも撮影できます。

また、もしも機材に余裕があるのなら、望遠レンズをセットしたカメラと、接写用のレンズをセットしたカメラを別々に用意しておくと、レンズ交換をしている間にシャッターチャンスを逃すことがありません。また、毛が入り込んでしまったりなどのトラブルの原因にもなるため、撮影現場でレンズ交換はしない方が良いという理由もあります。

 


おもちゃ


子猫の気を引くために絶対に欠かせないのが、おもちゃです。これは特別なものではなく、その子猫がお気に入りの、猫じゃらしやボールなどの簡単なもので良いでしょう。人間の声や手振りだけで子猫の気を引くのは至難の業ですから、おもちゃの力に頼って、生き生きと遊ぶ子猫画像を撮れるようにして下さい。

ただ、おもちゃも映り込んでしまうようなら、汚いものよりは、なるべくきれいにしたものを用意した方が良いですね。外で野良の子猫を撮影する場合も、上記のようなおもちゃを持参して臨むと、逃げられてしまうリスクを軽減できます。

 


猫用ベッド


猫はもともと寝ている時間が長い動物ですが、その中でも子猫は、成猫よりも睡眠を長くとります。これは、成長するために必要なことなので、撮影のためだからと寝ている子猫を無理に起こすようなことがあってはいけません。

ですから、疲れたらいつでも休ませてあげられるように、その子猫が普段使用している寝床を近くに用意しておいてあげましょう。寝床があれば、子猫が起きて活動している画像だけではなく、リラックスして眠っている画像も撮影することができます。

もしも、月齢のかなり小さい子猫を撮影するということなら、お母さん猫も近くに置いておいてあげれば、子猫も安心できて良い表情が撮れるはずです。

 


汚れても良い服装


子猫に限らず、猫を撮影する大きなコツと言えば、撮影者が猫の目線に合わせることです。つまり、地面にいる猫なら、匍匐前進するような姿勢で撮影するということですね。この詩姿勢は、服も汚れますし、身体もかなりキツイものです。ですが、全ては素敵な子猫の画像を撮るために必要なことと思って、我慢しましょう。

状況によっては、かなり無理な体勢をとることになるかもしれませんので、野良の子猫を野外で撮る場合はもちろん、室内飼いの子猫を摂る場合も、動きやすく汚れても良い服装で臨むようにしましょう。もちろん、露出の多い恰好や、スカートなどの姿勢に制限が出てしまう服装はNGです。

 

いかがでしたでしょうか。子猫の画像を撮影するために用意しておきたいものについて、ご説明しました。ここでは、写真に凝っている人でなければ持っていないものなどもご紹介していますが、もちろん、今あなたがお持ちのカメラで撮影することから始めても、何の問題もありません。

ですが、その機材での子猫画像の撮影に慣れてきてしまうと、きっともっとレベルの高い機材を用いて撮影したくなるはずです。子猫が子猫でいる時間はほんの一瞬のことですから、撮影に慣れた頃に機材を揃えては遅すぎる場合もあります。ですから、可能なら、最初からある程度の道具を用意して、万全の準備をしてから、子猫画像の撮影に臨むようにした方が安心です。

 


まとめ


子猫の画像をとるなら絶対必要な5つのグッズとは

・一眼レフカメラ
・望遠レンズ
・おもちゃ
・猫用ベッド
・汚れても良い服装