育て方で変わる?猫の寿命がのびる7つの食事と運動

育て方で変わる?猫の寿命がのびる7つの食事と運動

猫の寿命は、平均して大体15歳前後と言われています。ですが、それよりも何年も長く生きてくれる猫もいますし、もちろん平均寿命よりも早くこの世を去る子もいます。不慮の事故や、偶然にかかってしまった重い病気などは仕方のないことですが、食事や運動などの生活習慣を改善することや、予防が可能な病気を遠ざけることにより、猫の寿命は伸ばすことができると考えて良いでしょう。

そんな、猫の寿命を延ばす秘訣には、どんなものがあるでしょうか。どんなものを食べさせて、どんな運動をさせ、そしてどんな生活を送らせれば良いのか、ご存知ですか?今回は、そんな猫の寿命を延ばすために有効な食事や運動などを中心に、お伝えします。



 


育て方で変わる?猫の寿命がのびる
7つの食事と運動

 


室内飼いをしよう


猫の寿命は、外でのびのび動き回らせた方が長くなるような気がしますが、実際はそうではありません。完全に室内飼いの猫よりも、外飼いの猫の方が大幅に寿命が短くなってしまうのです。それは、交通事故や喧嘩、そして伝染病を貰って来るリスクが高いなどなど、様々な要因が絡み合った結果です。ですから、猫の寿命を延ばしたいのなら、飼い始めた当初から室内飼いすることをおすすめします。

 


人間の食べ物を与えないようにしよう


猫を可愛がるうえでついついやってしまいがちなのが、人間の食べ物を与えること。これは、猫の寿命を縮める行為でしかありません。人間の食べ物には、ネギ類やチョコレートなど人間にとって有毒なものがたくさんありますし、そうでなくても塩分や糖分が多すぎるために健康上良くないのです。猫にはやはり猫用フードだけを与えるようにし、猫がどれだけ興味を示しても、それに負けて人間の食べ物を食べさせないようにして下さい。

 


水分不足を防ごう


猫は、元々砂漠の方にいた動物がルーツのため、あまり水分を摂らなくても活動できるようにできています。ですが、だからと言って水分を与えないようではダメです。現在、家猫として飼われている猫たちは、水分を摂らなければ腎臓を害してしまうからです。この腎臓病が厄介で、高齢猫の死因のトップに上るほど、猫の身体を蝕んでしまいます。

それを避けるためには、必ず猫に水分を与えるようにし、飲みたがらなければ、水分含有量の多いフードに切り替えるなどの工夫をしましょう。

 


年齢に合ったフードを与えよう


猫の寿命を延ばすポイントとして重要なのは、年齢に合ったフードを与えること。例えば、5歳くらいまでの若い猫と、それ以上の高齢猫とでは、必要な栄養素が違いますし、消化能力も変わってきます。これを間違えたり、面倒だからと一緒くたに与えてしまっては、猫の健康を害する原因になります。

今では、ペット用品店に年齢別に細やかに配合を変えたフードがたくさん売られています。この中から、あなたの猫の好みに合うものを探して、食べさせるようにしましょう。

 


カロリーを抑えよう


何歳の猫にも言えることですが、基本的に食事のカロリーは抑えめにしましょう。たくさん食べることが習慣化してしまうと、万病のもとである肥満を招きます。カロリーを抑えるためには、食べたがるだけ食事やおやつを与えないようにすることと、食事の時間をきっちり決めて、だらだらと食べさせないようにすることです。

現在は、猫は室内飼いが当たり前になっているため、消費カロリーが少なめです。ですから、気を付けないとすぐに肥満になってしまうので、注意して下さい。

 


思う存分身体を動かせるスペースを用意しよう


室内飼いでも、ある程度の運動をさせることは猫の寿命を延ばす秘訣となります。そのため、猫を飼うのなら、猫が思う存分動き回れるスペースを確保しておく必要があります。そし、スペースだけではなく、キャットタワーなどの高低差があるものを配置し、登ったり下りたりという、空間を縦に利用した運動ができるようにすると、なおベストです。

もちろん、猫と一緒に住む空間に、猫にとっての危険物などを置くのは禁物です。安全に、そして精一杯動けるようにする必要があります。

 


爪とぎなどのストレス解消グッズを与えよう


運動できるスペースのほかに、爪とぎなどをさせてあげられるグッズを用意するのも、猫の寿命を延ばすために必要なことです。猫は、ストレスが引き金になって大きな病気を発病することがあるために、ストレスを溜めない生活をさせることが肝心なのです。ただ、猫を室内飼いしていれば、家具や大切なもので爪とぎをされてしまうことがあります。しかし、猫の寿命や健康を第一と考えるなら、それで過剰に叱ったりするのはやめてあげて下さい。

爪とぎは、猫にとって本能的な行動ですから、それをやめさせるようなことがあってはならないのです。

 

いかがでしたでしょうか。猫の寿命を延ばすために必要な食事や、身体を動かすことなどについてのお話をさせて頂きました。猫を家族の一員として飼っている人なら、誰でも猫に長生きしてもらいたくなるはずです。

ここでご説明したのは、猫を育てる過程で、余計なお金もかからず、簡単にクリアできるものばかりです。その程度の配慮で、猫の寿命が延びるのならお安いものですよね。

猫の寿命は、人間に比べると遥かに短いものです。それでも、少しでも長く一緒にいたいと願うのは、当然のことでしょう。既に何年も猫と一緒に過ごしてる人も、これから新しい家族として迎え入れようとしている人も、猫の健康を第一に、食事や生活習慣の気遣いをしてあげて下さいね。

 


まとめ


育て方で変わる?猫の寿命がのびる7つの食事と運動とは

・室内飼いをしよう
・人間の食べ物を与えないようにしよう
・水分不足を防ごう
・年齢に合ったフードを与えよう
・カロリーを抑えよう
・思う存分身体を動かせるスペースを用意しよう
・爪とぎなどのストレス解消グッズを与えよう