猫のイラストをうまく書きたい人におすすめの方法

猫のイラストをうまく書きたい人におすすめの方法
「可愛い猫のイラストをうまく書きたい!」と思っても、なかなか上手く書けない…という人は多いもの。人が書いたものを見ると、なんだか簡単そうに見えますが、実際に自分で猫のイラストを書いてみるとなんだか微妙というパターンに陥り、落ち込んでしまうということも。でも、猫のイラストにはうまく書くためのコツがちゃんと存在しています。

ここでは「猫のイラストをうまく書きたい人におすすめの方法」として、猫のイラストを書くときに使えるテクニックをお伝えしています。コツさえつかめば、実は猫のイラストはとても簡単。今までかわいい猫のイラストが書けないと悩んでいた人にこそ、実践して欲しい方法です。まずはこの記事を参考に、一度猫のイラストを書いてください。きっと以前に書いた猫のイラストよりも、見違えるほどかわいい猫のイラストになるはずです!



 


猫のイラストをうまく書きたい人に
おすすめの方法

 


猫の顔の目と口の位置は、二等辺三角形を意識しましょう


猫のイラストがうまく書けないという人の書いた絵を見ると、猫の顔のバランスが崩れていることが多いという特徴があります。完全に左右対称である必要はありませんが、あまりにずれていると、かわいい猫のイラストからは遠ざかってしまうもの。

そんなときにおすすめの方法は、二等辺三角形のバランスを意識して、猫の目と口を書くこと。底辺部分が口、二等辺の部分の横にそれぞれふたつの目を置いてください。そうすることで、バランスのとれた猫の顔のイラストになるはず。猫のイラストを書くことに慣れてきたら、あえて少しバランスを崩すことでキュートな猫となる場合もありますが、最初の頃はバランスを意識して書く方法をおすすめします。

 


かわいさ重視の猫の顔なら、顔のパーツを下半分に集めましょう


猫のイラストに限らないことですが、ぱっと見て「かわいい」と感じる動物の顔を書きたい場合は、目や鼻、口といった顔のパーツを下半分に固めましょう。とてもシンプルで単純な方法ですが、かわいい猫のイラストを書く際には、すぐに使えるテクニックのひとつです。

前髪ぱっつんの女性がどことなく可愛い印象を持つのも、この理論と同じこと。猫のイラストを書く際も、パーツを固める方法がおすすめです。

 


猫独特のしなやかさ、やわらかさを意識しましょう


猫のイラストを書く際に、絵を書くことに慣れていない人はどうしても直線的に書いてしまいがち。人間を書く場合は、腕や足など直線部分も含まれますが、特に猫のような小型動物は基本的に直線が存在しないもの。

しなやかさややわらかさを意識して、猫のイラストを書くだけでも、猫のリアリティがぐっとアップし、うまい猫イラストに見えるはず。

 


猫の身体の仕組みを立体的に理解しましょう


猫のイラストをうまく書くためには、猫の身体がどうなっているのかしっかりと知ることが大切です。だからといって、飼っている猫を無理やり触るのも問題がありますし、身近に猫がいない場合は難しいかもしれません。しかし、頭の中のイメージと実際の猫の身体は異なるもの。

猫の身体のパーツが描かれているような資料を参考にしたり、リアルなぬいぐるみを見るのも良いでしょう。書こうとしている猫のイラストは、平面的であっても、立体的な認識は必ず必要です。平面的にかわいい猫のイラストから、うまい猫のイラスト、リアルな猫のイラストへと挑戦したい場合は、立体的に意識することを大切にしてください。

 


猫のイラストを書いたら、猫好きな人に見せましょう


どれだけ頭の中で考えていても、書かないことには猫のイラストは上達しません。この猫のイラストはいい感じに書けた!と思ったら、猫好きな人に見せることをおすすめします。猫が好きな人は、猫をよく見ていますから、駄目だしも的確。駄目な点を突きつけられるのは、辛いことでもありますが、裏返せばその部分を克服すれば必ず上達するということ。

自己満足で終わらせてしまっては、猫のイラストがうまく書けるようにはなりません。批評ばかりでは、モチベーションが続かないという人は褒めてくれる人、厳しい意見をくれる人と使い分けて、見てもらうと効果的。

 

いかがでしたか。ここでは「猫のイラストをうまく書きたい人におすすめの方法」をご紹介しました。猫のイラストに限らず、イラストをうまく書くには練習あるのみ。実際に手を動かし書く実技と、書きたいものが一体どのような構造になっているのか、また自分が書いたイラストのどの部分がよくてどの部分があまりよくないか判断する知識の部分が必要です。

猫のイラストをうまく書きたいという気持ちがあるなら、実際の猫に触れることも効果的。想像と現実は、一致する部分もありますが、全く異なる部分も多いもの。こんな動きもできるのかと、意外としなやかな猫の動きに驚くこともあるかもしれません。うまい猫のイラストとひとことで言っても、デフォルメされて可愛く、うまい猫のイラストと、リアルなうまい猫のイラストでは練習パターンも異なります。自分が書きたい猫のイラストは、一体どのようなタイプなのか、まずはそこを突き詰めて、今回の記事を参考に練習することをおすすめします。

 


今日のまとめ


猫のイラストをうまく書きたい人におすすめの方法

・猫の顔の目と口の位置は、二等辺三角形を意識しましょう
・かわいさ重視の猫の顔なら、顔のパーツを下半分に集めましょう
・猫独特のしなやかさ、やわらかさを意識しましょう
・猫の身体の仕組みを立体的に理解しましょう
・猫のイラストを書いたら、猫好きな人に見せましょう
・自分が書きたい猫のイラストのタイプを理解してから書きましょう