ドジョウの飼い方で注意するべき7つのポイント

ドジョウの飼い方で注意するべき7つのポイント画像出典 鮒次郎のブログ http://blogs.yahoo.co.jp/aiamuhuna

ドジョウは丈夫なため、比較的飼育が容易な生き物です。冬越しも出来ます。水温や水質にも特に注意も必要ありませんので、飼育初心者にも適していると言えるでしょう。

ドジョウの種類によっては、大きいもので20cm程度に成長する個体もいる様で、水槽の大きさは、飼う個体に合うものを用意しましょう。

代表的な品種は、マドジョウ・ヤマトシマドジョウ・フクドジョウ・ヒドジョウやホトケドジョウなどです。

マドジョウは、日本全国の水田や川などに生息している一般的に知られているドジョウです。成長しても最大で約12cm程度で、水槽で飼育するのに適した良い大きさと言えるでしょう。ヒゲ10本。性格は温和なので、他の生物との混泳にも適しています。

ヤマトシマドジョウは、九州と山口県のみに生息する日本固有種です。ヒゲは6本。比較的きれいな水質の中流から上流が生息地とされます。スジシマドジョウより上流側に生息します。ヤマメのような体の模様が美しく、成長するとオスは約8cm、メスは約10cmになります。

普通のシマドジョウは本州や四国・大分県の川の中流から下流や湖、沼などに生息している、日本固有の種です。オスの胸ビレの根元にある骨質盤と呼ばれる部分の形がヤマトシマドジョウは異なり、区別する事が出来ます。マドジョウと比べると、ややきれいな水を好みます。

それらの特徴を知った上で、ドジョウの飼育を楽しみましょう。それではドジョウの飼い方を見ていきましょう。

[ 続きを読む… ]

ドジョウの飼い方で知っておきたい7つの事

ドジョウの飼い方で知っておきたい7つの事
ドジョウは、東アジアを中心に生息するコイ目ドジョウ科の淡水魚です。稲作文化の根付く田んぼの多い日本は、ドジョウにとって棲むのに最適な風土でした。

そのため野性のどじょうが数多く生息し、有名などじょうすくいなどの芸能文化にも見られるように、古くから庶民の生活に親しまれていたのですね☆

そんなドジョウですが、おうちでペットとして飼育できるのを知っていましたか?

熱帯魚などと比べるとちょっと影が薄いですが、実はドジョウは泥にもぐったり、えさをもぐもぐと食べたりと見ていて楽しいペットなのです。つぶらな瞳と、おひげがぴょこんと出たお顔も可愛いですよ☆

今回は、そんなドジョウの飼い方を7つのポイントにまとめて紹介します。初めて飼う方は参考にしてみてくださいね♪
[ 続きを読む… ]