猫の動画を撮るときに絶対気を付けたい5つのこと

猫の動画を撮るときに絶対気を付けたい5つのこと

猫の動画を上手に可愛く撮ることができたらとても素敵ですよね。お家で飼っている最愛の猫ちゃんの抜群に愛らしい姿は映像であればいつまでも残しておくことができますし、野良ちゃんがふとした瞬間に見せる自然な表情を撮影するのにも憧れます。

しかし、猫の動画撮影には写真撮影と比べて若干ハードルが高いという難点が・・・。写真なら猫ちゃんにピントを合わせてタイミング正しく撮影できればそれで良いものの、動画となるとそうはいきません。自由気ままに動き回る猫ちゃんに絶えず振り回されることになるからです。

では、どうしたら猫の動画を上手に撮影できるようになるのでしょうか。動画撮影のためにはどんなものを用意すれば良いのでしょうか。猫ちゃんの動画を撮るためのコツ5つについて解説いたします。



 


猫の動画を撮るときに
絶対気を付けたい5つのこと

 

 


猫の動画を撮るなら:カメラはいつも手元に


猫の動画をタイミング良く上手に撮影するためにはカメラをいつも手元に持っておかなくてはなりません。スマートフォンのカメラでも本格的なビデオカメラセットでも構いませんが、とにかくいつでも手の届くところに置いておくというのがポイントとなります。

なぜなら、猫を取りたいという瞬間がいつやってくるかわからないからです。「今ならチャンスだ!」と思ったときにカメラを探し始めるようでは、その分の時間を無駄にしてしまいます。猫ちゃんの可愛らしい姿を持て余すことなく映像に収めるためにも、カメラは常に用意しておきたいものです。

 


猫の動画を撮るなら:カメラに慣れさせること そして 誰かに手伝ってもらう


猫ちゃんの可愛くて自然な姿を撮影したいなら、猫ちゃんにもカメラに慣れてもらう必要があります。黒くて大きな金属の塊であるカメラは猫にとってはある意味で恐怖の対象であり、それが近づいてくるのであればたまったものではないからです。

カメラやスマートフォンをいつでも猫ちゃんの視界に入るところに置いておき、抵抗感をなくしてもらいましょう。ただ、猫がカメラをうっかり落として破壊しないとは言い切れませんので、安全な置き場所を選ぶことも大切です。

猫がおもちゃを使って自由気ままに遊び回る姿はとてもキュートなので、ぜひ動画に収めたいもの。しかし猫をおもちゃで遊ばせながら片手で動画を撮影するのは少々大変です。ふとした拍子にカメラを取り落として泣く羽目にならないとも限りません。

そのため、猫の動画を撮影するときにはできれば助手を用意しましょう。家族や友達に猫の相手をしてもらい、自分はその様子をカメラで撮影するのです。もちろんこの組み合わせは逆でも構いません。撮影者の負担を減らすことによってより素晴らしい動画を作ることができるという点がポイントです。

 


猫の動画を撮るなら:猫の行動パターンを把握


ペットの猫の動画を失敗なしに撮りたいのなら、猫ちゃんの行動パターンを熟知していなければなりません。ご飯の前になるとよく鳴く、お日様がさしてぽかぽかしてくると眠ってしまうなど、猫ちゃんそれぞれの行動パターンがあるはず。そのパターンを知っていればタイミング良く動画を撮影することができます。

 


猫の動画を撮るなら:スロー撮影がおすすめ


猫は突拍子もない行動に出ることがあり、撮影者としては冷や冷やしてしまいますよね。ちょっとした動きで被写体がぶれてしまい、せっかくの努力が失敗作に終わってしまうことも珍しくありません。

そこでおすすめしたいのが、「スローモード」での撮影。ビデオカメラの中には約50%のスローモードで動画を撮影できるタイプがありますので活用してみましょう。猫ちゃんの奇天烈な動きをもっと詳しく見ることができます。

 


猫の動画を撮るなら:望遠レンズがおすすめ


望遠レンズとは、遠くにある被写体を撮影できるレンズのこと。被写体そのものにこちらが近づく必要がないため、遠くにいる生き物の撮影にはおすすめです。

カメラ慣れしていない猫ちゃんやそもそも人間を見ると逃げ出してしまうようなデリケートな猫ちゃんの撮影現場に持っていくと本当に便利でしょう。ピントがきちんとあっていればきれいなボケ味が出るという強みもあります。

しかし、望遠レンズは基本的に大きく重量も半端ないので要注意。撮影本番できちんと使いこなせるよう、今から腕の筋肉を鍛えておきましょう。

 

猫の動画を上手に撮影するために絶対に知っておきたいコツ5つ、いかがでしたか。

写真・動画共にタイミングが命になりますので、まずはカメラをいつでも手の届く場所に置いておかなければなりません。また、猫ちゃんをカメラに慣れさせるためにも、猫ちゃんの目につく安全な場所に置いておく必要があります。

猫ちゃんの行動パターンの把握も猫動画作製には必要不可欠。自分の猫ちゃんがどんな動きをするのかあらかじめ知っておけば撮影のタイミングを逃すことがないからです。撮影するときに誰かに手伝ってもらうのもおすすめ。

さらに、猫の動画はスマートフォンでも撮れるものの、スロー機能のあるカメラや望遠レンズがあれば便利でしょう。ただ、こうした機材には重いものが多いので、今からでも慣れておく必要があります。

 


■まとめ■


猫の動画を撮影するために注意したい6つのポイントとは?

・カメラはいつでも手の届く場所に
・猫にもカメラに慣れてもらうこと
・撮影「助手」を用意すると簡単に動画が撮れる
・スロー機能つきのカメラが便利
・望遠レンズならカメラ嫌いの猫ちゃんでも安心